[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドローソフト

pointこの用語のポイント

point画像編集ソフトだよ

pointベクタ形式の画像を編集するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドローソフトとは

ベクタ形式の画像を編集するときに使うグラフィックソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ベクタ形式」と「グラフィックソフト」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ベクタ形式は「データを『向きや長さ』で覚えておく画像形式」です。
線を覚えておくよ方式です。

ドローソフト

グラフィックソフトは「画像をあれこれするソフトの総称」です。

ドローソフト2

以上を踏まえて、ベクタ形式の画像を編集するときに使うソフトが「ドローソフト」です。

ドローソフト3

ドローソフトは、何のマス目も入っていない真っ白な紙だと思ってください。

ドローソフト4

自由な方向に自由な長さで線が引けます。

ドローソフト5

ペイントソフトは落書き帳みたいなものです。
自由に線を引いて絵を描きます。

ドローソフトに分類されるソフトは、いろいろあります。
例えば、イラストレーター(Adobe Illustrator)などは、ドローソフトです。

なお、グラフィックソフトには、ドローソフトの他に「ペイントソフト」と呼ばれる種類のソフトがあります。
グラフィックソフトというカテゴリの中にドローソフトとペイントソフトの2種類があるイメージです。

ドローソフト6

ペイントソフトについては用語「ペイントソフト」の解説をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドローソフト」って単語が出てきたら「ベクタ画像の編集用ソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク