[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

仮想化 (virtualization)

pointこの用語のポイント

point実際には違うけどそれっぽく振る舞うよ

point「なんちゃって」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

仮想化 (virtualization)とは

実際には違うけどそれっぽく振る舞うようにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

ボク、実際にはそれと違うんだけどね。それっぽくしとけって言われたんだよ。だからそれっぽくなるように一生懸命頑張るよ、が「仮想化」です。

例えばそうですね。
メモリっぽい役割が与えられたハードディスクの一部分」を「仮想メモリ」と言います。
仮想メモリは本当はハードディスクです。
ですがコンピュータさんがメモリとして使う気満々のため、頑張ってメモリの振りをしているのです。

仮想化

あるいはコンピュータの中に別のコンピュータを入れて動かすことができます。
例えばWindows 7のパソコンの中でWindows XPを動かしたりできるのですが、これを「仮想マシン」と呼んだりします。
実際には1台のパソコンさんしかありませんが、あたかも2台のパソコンがいるかのように頑張ってくれています。

仮想化2

このように「実際には違うけど頑張ってそれっぽくしてますよ~」が仮想化です。
小難しい表現を使うと「リソースの抽象化」とか言うらしいですよ。
元々のお仕事をふわふわにして、他のお仕事もやらせちゃえー!ということなんでしょうね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「仮想化」って単語が出てきたら「別の奴にそれっぽく振る舞うよう頑張らせることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク