[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キー【連想配列】 (key)

pointこの用語のポイント

point連想配列で添字の代わりとして使う名前だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キー【連想配列】 (key)とは

それぞれのミカン箱に付けられた名前のこと
と言われても「はぁ?」って感じですね。真面目に書くと

連想配列で添字の代わりとして使う名前のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

配列」は「データを入れておく箱の集まり」ね。

キー

添字」は「配列の中身の箱ひとつひとつに割り振られた番号」です。

キー2

そして「連想配列」は「好きな名前を添字にできる配列」になります。

キー3

ここまでが予備知識です。

それでは本題の連想配列における「キー」ですが、連想配列において添字代わりに使う名前、これを連想配列の「キー」と言います。

キー4

例えば

ミカン箱連想配列["愛媛"] = ミカン3つ

という記述があった場合、キーは「"愛媛"」です。
この記述全体を表現する場合に「ミカン箱連想配列のキーが"愛媛"の要素に、ミカン3つを入れた」と言ったりします。
ちなみに「要素」は「配列の中身の箱ひとつひとつ」ね。ミカン箱(データを入れる箱)のことです。

連想配列におけるキーというのは、要するにミカン箱を特定するための目印です。
配列の場合は「添字」、連想配列の場合は「キー」を使ってミカン箱を特定しますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キー」って単語が出てきたら「連想配列で添字代わりに使う名前のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク