[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キー【連想配列】 (key)

pointこの用語のポイント

point連想配列で添字の代わりとして使う名前だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キー【連想配列】 (key)とは

それぞれのミカン箱に付けられた名前のこと
と言われても「はぁ?」って感じですね。
真面目に書くと

連想配列で添字の代わりとして使う名前のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

変数
配列
配列の要素
配列の添字(ソエジ)
連想配列


について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

変数は「プログラミング言語における『値を入れておく箱』」です。
処理の途中で値を入れたり、逆に取り出したりできます。
数学で出てくる変数(xとかyとか)と考え方は一緒です。

キー

配列は「複数の変数をくっつけたもの」です。

キー2

変数は「値を入れておく箱」でした。

キー3

配列は「値を入れておく箱が複数くっついたもの」です。

キー4

配列の要素は「配列の中にある箱ひとつひとつ」です。
言い方を変えると「複数の変数をくっつけたもの」の中にある「変数」のことです。

キー5

配列の添字は「配列の要素に割り振られた番号」です。

キー6

添字は「何番目の箱!」を指定するときの目印です。
例えば「1つ目」の箱であれば添字は「0」になります。

キー7

2つ目の箱であれば添字は「1」です。

キー8

3つ目の箱であれば添字は「2」になります。

キー9

「0」から始まるところがポイントです。
ご注意ください。

キー10

連想配列は「好きな名前を添字にして良いよ」な配列です。

普通の配列は添字が0(ゼロ)から始まる数字です。
1つ目の箱には0、2つ目の箱には1、3つ目の箱には……といった調子で0から始まって1ずつ増えていきます。

キー11

ところが、ですね。

世の中には、配列の添字に好きな名前を付けてOKな配列があるのです。
1つ目の箱には「和歌山」、2つ目の箱には「愛媛」、3つ目の箱には……といったように好きな名前を添字として指定できます。

キー12

そんな「好きな名前を添字にして良いよ」な配列が「連想配列」です。
名称の由来は分からないですが、添字から中身が連想できるからですかね。

以上を踏まえて、本題に入ります。

連想配列では、添字の代わりに好きな名前を付けられました。
この「添字の代わりに付ける好きな名前」が連想配列の話で出てくる「キー」です。

キー13

例えば

ミカン箱連想配列["愛媛"] = ミカン3つ

という記述があったとしましょう。
この連想配列のキーは「"愛媛"」です。
この記述全体を指して「ミカン箱連想配列のキーが"愛媛"の要素にミカン3つを入れた」と表現したりします。

連想配列のキーはミカン箱を特定するための目印です。
役割は配列の添字と同じです。

配列の場合は「添字」を使ってミカン箱を特定します。
連想配列の場合は「キー」を使ってミカン箱を特定します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キー」って単語が出てきたら「連想配列で添字代わりに使う名前のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク