[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

連想配列

pointこの用語のポイント

point配列だよ

point添字に好きな名前を付けられるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

連想配列とは

ミカン箱に好きな名前を付けられるミカン箱の集まり
と言われても「はぁ?」って感じですね。真面目に書くと

添字に好きな名前を付けられる配列
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として「配列」は「データを入れておく箱の集まり」ね。
ミカン箱(変数)がたくさん集まったものだとお考えください。

連想配列

そして、それぞれのミカン箱を配列の要素、ミカン箱に割り振られている番号を配列の添字と言います。

連想配列2

ここまでが予備知識です。

それでは連想配列について見ていきましょう。

普通の配列は添字が0(ゼロ)から始まる数字です。
1つ目の箱には0、2つ目の箱には1、3つ目の箱には……といった調子で0から始まって1ずつ増えていきます。

連想配列3

ところがですね。

世の中には、配列の添字に好きな名前を付けてOKな配列があるのです。
1つ目の箱には「和歌山」、2つ目の箱には「愛媛」、3つ目の箱には……といったように好きな名前を添字として指定できます。

連想配列4

そんな「好きな名前を添字にして良いよ」な配列が「連想配列」です。
名称の由来は分からないですが、添字から中身が連想できるからですかね。

連想配列で使われる好きな名前の添字は「キー」と呼ばれます。
呼び方が違うだけで、使い方は配列の添字と同じです。

例えば「愛媛」の名前が付いている箱にミカンを3つ入れたいときは

ミカン箱連想配列["愛媛"] = ミカン3つ

のように書きます。

もうちょっとプログラミング言語っぽい書き方にすると

$mikan_hash = array();

$mikan_hash["愛媛"] = 3;


といったところでしょうかね。
配列の書き方とほとんど同じです。

また世の中には、連想配列のことを「ハッシュ」と呼ぶ人もいます。
これは連想配列を実現するための仕組みとして「ハッシュテーブル」と呼ばれる仕組みが使われている「ことが多い」ためです。多分。

ハッシュテーブルの考え方で連想配列を実現することができますが、連想配列を実現するためには必ずハッシュテーブルが必要なわけではありません。
必ずしも「連想配列=ハッシュテーブル」ではありませんのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「連想配列」って単語が出てきたら「好きな名前を添字にできる配列なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク