[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

path【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsで使えるコマンドだよ

point実行ファイルの検索パスを表示・設定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

path【コマンド】とは

実行ファイルの検索パスを表示したり設定したりするときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows系で使えます。

書き方は……の前に、そもそも「実行ファイルの検索パスって何じゃらほい?」な人もいるかもしれませんね。

まず「実行ファイル」はいわゆる「プログラムファイル」です。
そして検索パスは「実行ファイルあるかな~?」と探す場所です。
パス」は「ファイルフォルダの場所」ね。

例えばWindowsさんには「findstr」というコマンドがありますが、これの本体は

C:\Windows\System32\findstr.exe

にあります。
コマンド「findstr」を実行すると「C:\Windows\System32」という場所にある「findstr.exe」という実行ファイルが動くのです。

これを例に、コマンドを実行した際の流れを見てみましょう。

「findstr」というコマンドが人間様によって入力されると、コンピュータさんは「『findstr』ってどこにあったっけ?」とコンピュータの中を探します。
ただしコンピュータの中を全部探すわけではありません。
全部探していたら時間がいくらあっても足りませんからね。
事前に「こことそことあそこを探す」と決めておいて、その場所だけを探します。
その探す場所「こことそことあそこ」の中に「findstr」の本体があればコマンドが実行されます。
なければ「そんなコマンド無いよ!出直して来な!」と文句を言います。

今回は「C:\」「C:\Windows\」「C:\Windows\System32\」の3か所が「こことそことあそこ」に指定されていたとしましょう。
コンピュータさんはまず「C:\」を見に行って「findstrさん、いますか~?」と探します。
いませんでした。次に行きます。
次に「C:\Windows\」を見に行って「findstrさん、いますか~?」と探します。
いませんでした。次に行きます。
次に「C:\Windows\System32\」を見に行って「findstrさん、いますか~?」と探します。
いました。しっかり働いていただきましょう。「findstrさん、ご指名で~す」とお声が掛かります。

これがコマンド「findstr」を実行したときの流れです。
そして「findstr」があるかを探した「こことそことあそこ」が「実行ファイルの検索パス」になります。
実行ファイルの検索パスは「実行ファイルがあるか確認する場所」だとお考えください。

それでは本題の「path」コマンドに戻りましょう。

pathコマンドは実行ファイルの検索パスを表示したり設定したりするときに使うコマンドです。

書き方は

path

もしくは

path [設定するパス]

です。
オプションはありません。

ただ単に

path

と指定すると、現在設定されている実行ファイルの検索パスが表示されます。

「path」に続けてパスを指定すると、指定したパスで「上書き」されます。
例えば

path C:\hoge\

を実行すると「C:\hoge\」が実行ファイルの検索パスとして設定されます。

上書きではなく追加したい場合は、例えば

path %PATH%;C:\hoge\

のような書き方をします。
「%PATH%」の部分が現在設定済みの検索パスを表現しています。
「現在設定済みのパス」+「C:\hoge\」で上書きするので、結果として追加になります。

実際にやることは無いでしょうが、設定済みのパスを全部消しちゃいたい場合は

path ;

のような指定をします。
これで検索パスは無くなります。つまりどこも探しません。

この状態で

path

を実行して設定済みの検索パスを表示すると

PATH=(null)

のように表示されます。
null」は「何も無いよ~」を表しているとお考えください。

使い方はそんな感じですね。

注意点として、pathコマンドで変更した内容は、その変更した画面でのみ有効です。
新しく起動したコマンドプロンプトでは、最初の状態に戻っているのでご注意ください。

実行ファイルの検索パスを永続的に変更したい場合は、マウスでぽちぽちやりながら変更します。
例えばWindows 7の場合は、

スタート
  ↓
「コンピューター」を右クリック
  ↓
「プロパティ(R)」をクリック
  ↓
新しく開いた画面の左の方にある「システムの詳細設定」をクリック
  ↓
「システムのプロパティ」画面が開くので「詳細設定」タブの下の方にある「環境設定」ボタンをクリック
  ↓
「環境変数」画面が開くので、変数「PATH」が既にあれば選択して「編集」、無ければ「新規」ボタンを押して設定


で変更できます。
環境変数の設定欄は「○○のユーザ環境変数(U)」と「システム環境変数(S)」の二つがあると思いますが、コンピュータにユーザが複数人設定されている場合に違いがあります。
「○○のユーザ環境変数(U)」の方は、そのユーザさんにだけ有効です。変更しても他のユーザさんには影響がありません。
「システム環境変数(S」の方は、コンピュータ全体に対して有効です。変更すると他のユーザさんにも影響が出ます。
そんな感じです。

少し話が逸れちゃいましたかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「path」ってコマンドが出てきたら「実行ファイルのパスを表示、または設定するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク