[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アンカータグ

pointこの用語のポイント

pointHTMLタグだよ

pointリンクを記述するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アンカータグとは

HTMLタグのひとつ
であり

リンクを記述するときに使うタグのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ホームページを作る人にはお馴染みですね。
リンク、より正確に言うとハイパーリンク、もっと正確に言うとアンカーを作るときに使うHTMLタグが「アンカータグ」です。
ちなみに「HTMLタグ」は「ホームページの内容に意味付けをする目印」ね。
「リンク」とか「ハイパーリンク」とか「アンカー」は「ホームページとかに付いている押すと別のページや同じページの他の場所に移動する仕組み」だとお考えください。

アンカータグの書き方は

<a href="押すと移動する先のURL">リンクとして表示する名称</a>

です。
例えば

<a href="http://wa3.i-3-i.info/">わわわIT用語辞典</a>

のように書くことで

わわわIT用語辞典

のようなリンクになります。

またアンカータグには「target」という属性があります。
このtargetという属性は「リンク先をどの画面で開きますよ」を指定する属性です。

例えば「target="_blank"」という指定は「新しい画面でリンク先を表示してくださいな」の指定です。

<a href="http://wa3.i-3-i.info/" target="_blank">わわわIT用語辞典</a>

のように書くことで

わわわIT用語辞典

のようなリンクになります。
このリンクを押すと、ページが移動するのではなく新しい画面が開きますよ。
ぽちぽちと押せば押すほど、どんどん新しい画面が開きます。

target属性として指定できるのは「_blank」「_self」「_parent」「_top」及び任意の名前です。
「_blank」は「新しい画面で表示してよ」の指定です。先程の例にありましたね。
「_self」は「今表示している画面で表示してよ」の指定です。targetを指定しないときと同じ動きをします。
「_parent」は「親フレームで表示してよ」で「_top」は「フレームを解除して表示してよ」の指定です。
「_parent」と「_top」はよく分からなければ気にしなくて構いません。
フレーム分割していないと指定する意味がない上に、最近(2014年3月現在)はフレーム分割しているホームページってほっとんど無いので。

またtarget属性には適当な名前を指定することも可能です。
例えば

<a href="http://wa3.i-3-i.info/" target="piyo">わわわIT用語辞典</a>

のように書くことで

わわわIT用語辞典

のようなリンクになります。
このリンクを押すと、最初の一回はページが移動するのではなく新しい画面が開きます。
ただし、ぽちぽちと何回も押しても新しい画面は増えません。最初の一回だけ新しい画面が開いて、あとはその新しく開いた画面の表示内容が更新されます。

不思議ですね。

どうしてでしょう?

先程「targetという属性は『リンク先をどの画面で開きますよ』を指定する」と書きました。
それを踏まえて

<a href="http://wa3.i-3-i.info/" target="piyo">わわわIT用語辞典</a>

という指定を見てください。
これは「リンク先を『piyo』って画面で表示してよ」の指定です。

このリンクを最初にポチっと押したとき「piyo」という画面はありませんでした。
だから新しい画面が開きます。そしてその新しい画面の名前は「piyo」です。

では二回目にポチっと押したときはどうでしょう?

そうですね。既に「piyo」という名前の画面があります。
だからポチポチ押しても、二回目以降は新しい画面が開かないのです。
既にある「piyo」という名前の画面に表示されます。

これがtarget属性で適当な名前を指定したときの動きになります。

気を付けるべき点はそれくらいですね。
他にもいろいろな属性が指定できるので、興味がある人は調べてみてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アンカータグ」って単語が出てきたら「リンクにしたいときに使うHTMLタグなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク