[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アフィリエイトプログラム

pointこの用語のポイント

pointあんたの貼った広告が役に立ったら分け前やるよ方式なWeb広告だよ

pointもしくは、アフィリエイトの仕組みを実現するためのプログラムだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アフィリエイトプログラムとは

アフィリエイトのこと。
もしくは

アフィリエイトをするときに使うプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

アフィリエイト」は「あんたの貼った広告が役に立ったら分け前やるよ方式なWeb広告の形態」ね。
一般的な流れは

1.ホームページに広告を載せる
アフィリエイトプログラム

2.訪問者が広告を見る
アフィリエイトプログラム2

3.その広告のお陰で広告主が幸せになる(例えば商品購入)
アフィリエイトプログラム3

4.報酬が支払われる
アフィリエイトプログラム4

になります。

このアフィリエイトの別名が「アフィリエイトプログラム」です。
「アフィリエイト」の「プログラム(『計画』や『予定』的な意味のプログラム)」で「アフィリエイトプログラム」ですね。

これが前者の意味のアフィリエイトプログラムです。

後者の意味のアフィリエイトプログラムは、アフィリエイトの仕組みを実現する上で必要なシステムを指します。

アフィリエイトという仕組みを成り立たせるためには「貼った広告がどのくらい役に立った」や「自分は一体どのくらいの分け前が貰えるのか」等が管理できていなくてはいけませんよね。
例えばお客さまがどの広告を経由して商品を買ったか分からないと、誰に分け前を渡すべきかが分かりません。
今月自分がどのくらい分け前を貰えるのか把握できないと、貰える分け前が適正なのかどうかも判断できませんよね。
あるいは分け前を実際にやり取りするための仕組み(振込とか)も必要でしょう。
自分が貼った広告が効果的に役立っているのか分析したい人もいるでしょうし、先月と比べてどれくらい稼いだのかを確認したい人もいるでしょう。

このようにアフィリエイトを成り立たせるためにはいろいろな仕組みが必要なのですが、それらの仕組みを実現するためのシステムを「アフィリエイトプログラム」と言います。
「アフィリエイト」をするときに使う「プログラム(コンピュータ的な意味のプログラム)」で「アフィリエイトプログラム」ですね。

これが後者の意味のアフィリエイトです。

とは言え、違いを気にする必要はあまり無いですけどね。
アフィリエイトをするときに使うプログラムを使うってことは、要するにアフィリエイトをやるってことじゃないですか。
後者の意味のアフィリエイトプログラムも、結局は前者の意味のアフィリエイトプログラムにつながります。
ですから「アフィリエイトプログラム=アフィリエイト」と考えて差し支えはありません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アフィリエイトプログラム」って単語が出てきたら「アフィリエイトのこと、もしくはアフィリエイトで使うプログラムのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク