[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロアフィリエイター

pointこの用語のポイント

pointアフィリエイトの収入で生活している人だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロアフィリエイターとは

アフィリエイトの収入で生活している人のこと。
あるいは

アフィリエイトの収入を大きな収入源としている人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

Web広告
アフィリエイト
アフィリエイター


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

プロアフィリエイター

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

プロアフィリエイター2

アフィリエイトは、Web広告で使われている仕組みのひとつで「あなたの貼った広告が役に立ったら分け前をあげるよ」なやり方です。

どこに広告を貼るかですが、ホームページやブログメルマガ等です。

何をもって「役に立った」と判断されるかは広告によって違います。
「役に立った」と判断される条件は

・広告を見てくれた
・広告をクリックしてくれた
・資料請求をしてくれた
・商品を買ってくれた


などが一般的でしょうか。

そして、あなたの貼った広告が役に立ったら、どうなるか?

あなたにもバックマージン……と言うと印象が良くないですかね、幸せのおすそ分けがされます。
具体的には「お金」です。
お金が貰えるのです。
ぐへへへへ。

アフィリエイトの一般的な流れは

1.ホームページに広告を載せる
プロアフィリエイター3

2.訪問者が広告を見る
プロアフィリエイター4

3.その広告のお陰で広告主が幸せになる(例えば商品購入)
プロアフィリエイター5

4.報酬が支払われる
プロアフィリエイター6

となります。

さて、アフィリエイトの説明では、3人の人物が登場します。
それは

1.広告を出す人(広告主)
2.広告を載せる人(ホームページ運営者)
3.広告を見る人(ホームページ訪問者)


の3人です。

プロアフィリエイター7

あとは「アフィリエイトの仕組みを提供する人」もいますけどね。
今回は気にしないでください。

「広告主」の出した広告を「ホームページ運営者」のホームページに載せて「ホームページ訪問者」が見る。
「ホームページ訪問者」が商品を買ったりしてくれたら「広告主」から「ホームページ運営者」に報酬が支払われる。
これがアフィリエイトの仕組みです。

この3人のうち「ホームページ運営者」を「アフィリエイター」と呼びます。

プロアフィリエイター8

自分のホームページに広告を載せて、広告主から報酬を貰う立場の人です。
もう少し大雑把に言えば

アフィリエイトをやっている人

がアフィリエイターですね。

以上を踏まえて、アフィリエイターの中でもガッポリ稼いでいる人たち、アフィリエイトによる収入を主な収入源として生活が成り立っている人たちを指す呼び名が「プロアフィリエイター」です。

プロアフィリエイター9

文字通り、プロフェッショナルなアフィリエイターですね。
広告主さんからガッポガッポと報酬を貰っている人たちです。
く~、うらやましいっ。

とはいえ、その収入を得るために多大な労力を費やしていることも少なくありません。
「寝てて稼げる楽な商売」とは、なかなか行かないようです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロアフィリエイター」って単語が出てきたら「アフィリエイトの収入を大きな収入源としている人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク