[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アフィリエイト (affiliate)

pointこの用語のポイント

pointインターネット上でのお小遣い稼ぎだよ

point貼った広告が役に立ったら分け前を貰えるよ

pointWeb広告で使われている仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アフィリエイト (affiliate)とは

インターネット上でのお小遣い稼ぎのこと。
もう少し正確に書くと

ホームページに広告を貼って儲けてやるぜ~、ぐへへへへ、のこと。
もっと正確に書くと

Web広告で使われている仕組みのひとつ
であり

「あなたがこの広告をどこかに貼ってくれて、その広告が役に立ったら、あなたにも分け前をあげるよ!」なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

アフィリエイト

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

アフィリエイト2

以上を踏まえて、Web広告で使われている仕組みのひとつで「あなたの貼った広告が役に立ったら分け前をあげるよ」なやり方が「アフィリエイト」です。
日本語で「成功報酬型広告」と呼ばれる場合もあります。

どこに広告を貼るかですが、ホームページやブログメルマガ等です。

何をもって「役に立った」と判断されるかは広告によって違います。
「役に立った」と判断される条件は

・広告を見てくれた
・広告をクリックしてくれた
・資料請求をしてくれた
・商品を買ってくれた


などが一般的でしょうか。

そして、あなたの貼った広告が役に立ったら、どうなるか?

あなたにもバックマージン……と言うと印象が良くないですかね、幸せのおすそ分けがされます。
具体的には「お金」です。
お金が貰えるのです。
ぐへへへへ。

アフィリエイトの一般的な流れは

1.ホームページに広告を載せる
アフィリエイト3

2.訪問者が広告を見る
アフィリエイト4

3.その広告のお陰で広告主が幸せになる(例えば商品購入)
アフィリエイト5

4.報酬が支払われる
アフィリエイト6

となります。

これが本来の意味のアフィリエイトです。
人によっては「インターネット上でのお小遣い稼ぎ」そのものを指して「アフィリエイト」と呼んでいますけどね。
正確には「インターネット上でお小遣い稼ぎをする手段のひとつとしてアフィリエイトがある」です。
インターネット上でお小遣い稼ぎをする手段はアフィリエイト以外にもあります。

例えば、ポイントサイトメールをポチポチとクリックして、お小遣い稼ぎをしている人もいますよね。
あれも仕組みとしてはアフィリエイトに近いはずですが、アフィリエイト的なことをやっているのはポイントサイトの運営者です。
ポチポチしている人たちでは、ありません。
ポチポチしている人たちは、むしろお客さまです。

アフィリエイト7

な仕組みになっています。

私はポイントサイトを運営したことがないので分かりませんが、ポチポチの数が増えるほど、ポイントサイト運営者にも広告主からお金がいっぱい入ってくるのでしょう。
ポイントサイト運営者が受け取るお金の一部をポチポチしている人に還元しているイメージだと思います。

ですから「インターネット上でお小遣い稼ぎ=アフィリエイト」では、ありません。
そこまで気にする必要はありませんが、一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アフィリエイト」って単語が出てきたら「あなたの貼った広告が役に立ったら分け前をあげるよ!な仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク