[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

実行ファイル (executable file)

pointこの用語のポイント

pointプログラムなファイルだよ

point拡張子は「.exe」の場合が多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

実行ファイル (executable file)とは

いわゆる「プログラムなファイル」のこと。
あるいは

バイナリデータなプログラムファイルのこと。
あるいは

拡張子が「.exe」なファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ものすごい大雑把に言えば、プログラムファイルが「実行ファイル」です。
プログラムの本体だと思って構いません。

実行ファイル

ただしこの言葉、人によって意図するものが微妙に違ったりするのでご注意ください。

一番広い意味で使っている人は「プログラムなファイル」の意図で使っています。
要は「実行できるファイル」だから「実行ファイル」ってことですね。

もう少し限定的な意味で使っている人は「バイナリデータなプログラムファイル」の意図で使っています。
「バイナリデータ」はメモ帳で中を見るとぐちゃぐちゃなデータだとお考えください。
プログラムには中身をメモ帳とかで見ることができるプログラムと見ることができないプログラムがあります。
例えばPHPというプログラミング言語で作ったプログラムは、メモ帳で開いて中を覗くことができます。
PHPファイルは間違いなくプログラムなファイルです。
でも、これを実行ファイルとは呼びません。
そんな考えの人たちが言う「実行ファイル」は「バイナリデータなプログラムファイル」です。
個人的には私もこの使い方です。
役割に寄らず、テキストデータなファイルを「実行ファイル」と呼ぶのは違和感があります。
プログラマな人たちにはご同意いただける気がするのですが、如何でしょ?

最後に、もっと限定的な意味で使っている人は「拡張子が『.exe』なファイル」の意図で使っています。
Windowsの場合、それ単体で動かせるプログラムは拡張子を「.exe」にするのが慣例です。
そのため「実行ファイル=拡張子が『.exe』」と認識している人もいますよ。
ただし自己解凍書庫圧縮・解凍ソフトが無くても解凍できる圧縮ファイル)も拡張子は「.exe」です。
自己解凍書庫を実行ファイルと呼ぶかは意見が分かれるところだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「実行ファイル」って単語が出てきたら「プログラムなファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク