[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ステータスバー (status bar)

pointこの用語のポイント

point普通はウィンドウの一番下にあるよ

pointなんか情報が書いてあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ステータスバー (status bar)とは

普通はウィンドウの一番下にある、なんか情報が書いてあるところ
です。

image piyo

詳しく書くよ

ウィンドウ」は「プログラムを起動したりファイルを開くと画面上に出てくる、小さい画面」ね。

このウィンドウの一番下にあって、なんか情報が書いてある場所を「ステータスバー」と言います。

ステータスバー
ステータスバー2

ステータスバーに書いてある情報はウィンドウによって違います。
ステータスバーがあっても、中に何も書いていない場合もありますよ。

またステータスバー自体が見当たらない場合もあるかもしれません。
ステータスバーは表示・非表示を切り替えることができるのです。

もしWindowsをお使いでしたら、試しにウィンドウの上の方にあるメニューから「表示」と書いてあるメニューをポチっと押してみてください。
サブメニューっぽいのが開きますよね。
その中に「ステータスバー」という項目があると思います。
そこにチェックが付いていたら、ステータスバーが表示されているはずです。
チェックが付いていない場合は、ステータスバーは表示されていないはずです。
そこのチェックを付けたり外したりすることで、ステータスバーの表示・非表示を切り替えることができます。

ステータスバーには基本的に「あると便利だけど無くても実害はない情報」が表示されます。
例えば、今選択しているファイルの大きさや更新日時だったりですね。
個人的にはステータスバーは表示しておく派ですが、邪魔な人は消しちゃっても大丈夫です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ステータスバー」って単語が出てきたら「なんか情報が書いてある場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク