[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

rem【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsで使えるコマンドだよ

pointバッチファイル内に注釈を書くときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

rem【コマンド】とは

バッチファイル内に注釈を書くときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として「バッチファイル」は「バッチ処理を行うためのファイル」ね。
バッチファイルの中には複数のコマンドが書いてあります。
そして、バッチファイルを動かすと中に書いてあるコマンドが一つずつ順番に実行されていきます。

実はバッチファイルで行う処理は多岐に渡ってですね。
複雑な処理になると、何十行、何百行もコマンドが書いてあったりするのです。
そんな複雑なバッチファイル、コマンドだけがずらずら~っと並べてあっても見る人は分かりにくいですよね。
そこで注釈を書いておきたいのですが、ただ書くと、それはコマンドとして認識されてしまいます。
「※これは注釈で~す」とか書いておいても、コンピュータさんは「ピッ、コマンド『※これは注釈で~す』ヲジッコウシマス」となってしまうのです。
なんてこったい。

そんなバッチファイルの中に注釈を書いておくためのコマンドが「rem」です。
「rem」以降に書いてあることをコンピュータさんは無視します。

「rem」コマンドはWindows系で使えます。

書き方は

rem [コメント]

です。

オプションはありません。

例えば

rem ※これは注釈で~す

と書いて実行しても、何も起こりません。
コンピュータさんはその命令をシカトして、うんともすんとも言わないのです。
一般的なプログラミング言語における「// ※これは注釈で~す」の「//」と役割は同じですね。

ちなみに見た目が似ているけど機能が全然違うコマンドに「ren」というコマンドがあります。
「ren」コマンドは「ファイル名を変更するときに使うコマンド」です。
一文字違いなので、空目しないようにご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「rem」ってコマンドが出てきたら「バッチファイル内に注釈を書くときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク