[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

foo

pointこの用語のポイント

point例示用の名称だよ

point特に意味は無いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

fooとは

「hoge」の海外版。
もう少しきちんと書くと

サンプルとかで適当な名称を使いたいときによく使われる「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」な名称のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば書類を書くときに、記入例があったりしますよね。
その記入例には、例えば「名前:ピヨピヨ 太郎」のように書いてあったりします。
ですが、だからと言って実際の書類に「ピヨピヨ 太郎」とは書きませんよね。
あなたのお名前を書きます。
つまり「ピヨピヨ 太郎」というのはあくまで記入例用の意味のない名前です。

foo

これのプログラミング版が「hoge」であり「foo(フー)」です。
ちなみに「foo」のように「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」なものは「メタ構文変数」と呼ばれます。

日本で一番よく使われるメタ構文変数は「hoge」ですが、世界的には「foo」がよく使われます。
日本スタンダードが「hoge」でグローバルスタンダードが「foo」ってところでしょうかね。
そのため細かいことは「hoge」と一緒です。詳細は用語「hoge」の解説をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「foo」って単語が出てきたら「特に意味はないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク