[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

piyo

pointこの用語のポイント

point例示用の名称だよ

point特に意味は無いよ

point使われるのは、ほぼ日本限定だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

piyoとは

プログラミング版「ピヨピヨ 太郎 その2」のこと。
もう少しきちんと書くと

サンプルとかで適当な名称を使いたいときによく使われる「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」な名称のひとつ。ただし使われるのはほぼ日本限定
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば書類を書くときに、記入例があったりしますよね。
その記入例には、例えば「名前:ピヨピヨ 太郎」のように書いてあったりします。
ですが、だからと言って実際の書類に「ピヨピヨ 太郎」とは書きませんよね。
あなたのお名前を書きます。
つまり「ピヨピヨ 太郎」というのはあくまで記入例用の意味のない名前です。

piyo

これのプログラミング版が「piyo」です。
プログラミングでもよく適当な名称を使いたい場合があります。
そのときに「ピヨピヨ 太郎」の代わりに「piyo」を使うのです。

ただし、普通はまず「hoge」を使います。
「hoge」の詳細については用語「hoge」の解説をご覧ください。

そして「hoge」だけでは足りたいときに登場するのが「piyo」です。
適当な名称を使いたい場合は多々ありますが、適当な名称が一つで足りるとは限りません。二つ使いたい場合もあるでしょう。

例えば「変数『user_id』にユーザIDを、変数『password』にパスワードを代入する」という処理のサンプルプログラムを書くときには

user_id = "hoge";
password = "piyo";

と書いたりしますよ。

「hoge」の部分には実際は本物のユーザIDが入ります。「piyo」の部分には実際は本物のパスワードが入ります。
ですが、サンプルでは実際の値がありません。あくまでサンプルですからね。
そこで「取りあえず適当に入れとくね」の意味で「hoge」「piyo」を代入しているのです。
さらに言うと、ユーザIDとパスワードは普通は別のものです。

user_id = "hoge";
password = "hoge";

と書いたら「user_id」にも「password」にも同じものを入れるように見えちゃいますからね。
「取りあえず適当に入れとくね」な名称も二つあった方が良いですよね。

これが「piyo」の使い方です。
「○○」や「ピヨピヨ 太郎」のように、取り合えずなんか書いておきたいけど特に意味はないとき、そして「hoge」を既に別のものとして使っている場合に使います。

ちなみに「piyo」のように「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」なものは「メタ構文変数」と呼ばれます。
なんかカッコ良い名前ですね。
メタ構文変数には「piyo」以外にもいろいろあります。
日本で良く使われるのは「hoge」「piyo」「fuga」などですね。ただしこれらは海外ではあまり使われません。
世界的に良く使われるのは「foo」「bar」などです。こちらは英語の資料を見ていてもちょくちょく登場します。
もしプログラミングの参考書とかを見ていてこれらの単語が出てきたら「ピヨピヨ 太郎」と一緒だとお考えください。特に意味はありません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「piyo」って単語が出てきたら「特に意味はないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク