[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メタ構文変数

pointこの用語のポイント

point例示用の名称だよ

point特に意味は無いよ

point「hoge」とか「piyo」とか「foo」とか「bar」とかのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メタ構文変数とは

「hoge」とか「piyo」とか「foo」とか「bar」とかのこと。
もう少しきちんと書くと

サンプルとかで適当な名称を使いたいときによく使われる「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」な名称のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば書類を書くときに、記入例があったりしますよね。
その記入例には、例えば「名前:ピヨピヨ 太郎」のように書いてあったりします。
ですが、だからと言って実際の書類に「ピヨピヨ 太郎」とは書きませんよね。
あなたのお名前を書きます。
つまり「ピヨピヨ 太郎」というのはあくまで記入例用の意味のない名前です。

hoge

これはプログラミングでも一緒です。
適当な名称を使いたい場合が出てきます。サンプルプログラムを書くときなどですね。
例えば「変数『user_id』にユーザIDを代入する」という処理のサンプルプログラムを書くときには

user_id = "hoge";

などと書いたりするのですが、このときの「hoge」は意味の無い名前です。
実際には本物のユーザIDを書く必要がありますが、サンプルでは実際の値がありませんからね。
取りあえず適当な名称を入れています。
そして「『hoge』は適当な名前」というのはプログラムを書く人たちの間では共通認識になっているのです。
これを

user_id = "user123";

とか書いちゃうと「user123」が適当な名称なのか実際の名称なのか分かりにくいですからね。
見ている人の混乱を招く恐れがあります。
そのため「これは意味のない名前!」と分かっている名称があると便利なのです。

このように、プログラミングにおいて「これは何の意味もない適当な名称ですよ~」を表す適当な名称のことを「メタ構文変数」と言います。
メタ構文変数としてよく使われるのは、日本では「hoge」「fuga」など、海外では「foo」「bar」などです。
これらの名称が出てきたら「あぁ、これは適当な名称なんだな」と解釈するのが、プログラムを書く人たちの間での慣例です。

「メタ構文変数」という単語はあまり出てきませんが「hoge」「foo」「bar」などは結構出てきますよ。
技術書なんかでサンプルプログラムを読む機会がありそうな人は覚えておいてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メタ構文変数」って単語が出てきたら「『hoge』とか『foo』とかのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク