[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シリアル番号 (serial number)

pointこの用語のポイント

point使って良い人であることを証明するための合言葉だよ

point一般的には、お金を払うと貰えるよ

pointソフトを初めて使うときに入力することが多いよ

pointあるいは、何かの通し番号だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シリアル番号 (serial number)とは

「ライセンスキー」のこと。
つまり

「使う権利(ライセンス)を持ってるよ!」の証拠品
であり

そのソフトを使ってOKな人だと証明するためにソフトに入力する合言葉
です。
あるいは

何かを識別するために振られた通し番号
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ライセンス」と「ライセンスキー」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ライセンスは「そのソフト、使っていーよ」な権利です。

シリアル番号

ライセンスキーは「おまえは、このソフトを使ってOKなやつ?」「うん!OKなやつだよ!」「ホントに?」の疑いを晴らすために、ソフトに入力する合言葉です。

シリアル番号2

ライセンスキーについて、もう少し細かく説明しておきます。

一般的に、ライセンスキーは、お金を払うともらえます。
このライセンスキーが「ちゃんと、お金を払ったよ。使って良い権利をもらったよ」の証拠です。

(有料の)ソフトを初めて使うとき、ソフトは「こいつはオレを使ってOKなやつなのだろうか?」と疑ってきます。

シリアル番号3

そんなときには、ソフトを使う人の方から「ボクは使ってOKなやつだよ!」を証明するために合言葉(ライセンスキー)を入力します。

シリアル番号4

入力したライセンスキーは「これって本物かな?」をソフトがチェックします。
そのチェックを通れば、あとは自由に使えます。

シリアル番号5

ちなみに、ソフトによっては、ライセンスキーとしてファイルをもらえる場合があります。
「『合言葉」とかウソつくなよ。ファイルじゃん!」とか言わないでくださいね。
そのファイルの中に合言葉が書いてあります。

ここまでの説明がよく分からない人は、遊園地を想像してください。
遊園地に行くと、お金を払ってチケットを買いますよね。

お金を払って買うのは「遊園地で遊ぶ権利」です。
お金を払った証拠として(遊園地で遊ぶ権利を持っている証拠として)「チケット」を受け取ります。

遊園地で遊ぶ権利に相当するものがライセンスです。
チケットに相当するものがライセンスキーです。

以上を踏まえて、ライセンスキーの別の呼び名が「シリアル番号」です。
「シリアル番号」と「ライセンスキー」は同じ物だと考えて、かまいません。

シリアル番号6

シリアル番号を直訳すると「連続的な番号」なので「製品管理用の通し番号」の方が意味合い的には近いでしょうけどね。
現実的にはライセンスキーとして使われることが多かったりします。
シリアル番号とライセンスキーは「言葉の持つ意味合いは違うけど同じ用途で使われる場合が多い用語」と解釈してください。

……と言い切りたいところなのですが、中には単純に「識別するための通し番号」を意図して「シリアル番号」という表現が使われている場合もあります。

1.ライセンスキー
2.識別用の通し番号


のどちらを意図しているかは前後の文脈から判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シリアル番号」って単語が出てきたら「ライセンスキー(使ってOKな人だと証明するための合言葉)のこと、もしくは、識別用の通し番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク