[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シンクライアント (Thin Client)

pointこの用語のポイント

point処理のほとんどをサーバ側で行うよ

pointクライアント側では最低限の処理しかさせないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シンクライアント (Thin Client)とは

「ま~ま~、クライアントさんはお仕事しなくて良いからのんびりしていてくださいよ」なシステムのこと。
もう少し真面目に書くと

処理のほとんどをサーバ側で行い、クライアント側では最低限の処理しかさせないようになっているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「サーバ」と「クライアント」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

シンクライアント

クライアントは「サービスや機能を利用する側のコンピュータ」です。
サーバさんとやり取りして、サーバさんの提供するサービスを利用するやつを指します。

シンクライアント2

以上を踏まえて「サーバ側で頑張るから、クライアント側でするお仕事はあんまりないよ」が「シンクライアント」です。

シンクライアント3

言葉の響きではクライアントに重点が置かれているように聞こえますが、実際には逆です。
頑張るのはサーバさんです。

例えば、ぴよぴよカンパニーがすごい大きくなって、全国に支店を作ったとします。
本来であれば、その支店であれやこれやとお仕事しますよね?
ところがどっこい、やり手のピヨ太社長は違います。
仕事はすべて一極集中!一元管理!すべての仕事を本社で執り行うことにしたのです。
支店でやるのはお客さまのご要望を本社に伝えて、本社からのお返事をお客さまに伝える。これだけです。

このように本社(サーバ側)でその処理のほとんどを行い、支店(クライアント側)では最低限のお仕事しかさせない仕組みを「シンクライアント」と言います。

メリットはセキュリティ面と管理コストの削減、クライアントを増やすのが楽なことですかね。

セキュリティ面で言えば、大事な情報は本社にしかありません。支店がうっかり悪の組織に占拠されたとしても、情報漏えいの危険性はちょっと減りますね。

管理コストの削減は一元管理されることによるメリットでしょう。本社はすべての情報が集まってくるので、その管理に集中すれば事足ります。支店のことを気にしなくても問題ありません。
一方で支店の方は、そもそも何かを管理する必要がありません。すべて本社が管理してくれるので気にする必要はないのです。

クライアントを増やすのが楽なのも同じです。
支店には大した情報を置いてありません。極端な話、電話一本あれば新しい支店が作れちゃいます。
あとは本社側で新しい支店の情報を管理すれば、それで新しい支店の出店が完了ですね。あら、楽ちん。

他にもあるでしょうが、これがシンクライアントの主なメリットです。

一方でデメリットももちろんあります。
支店の立場から見たときに、お仕事が遅くなるのと、好き勝手にやれないことです。

お仕事が遅くなるのは分かりますよね。
すべてのお仕事を一度本社に連絡して、本社からのお返事を待たなくちゃいけないので、その分時間が掛かります。
最悪の場合、本社と連絡が取れなくなってお仕事が止まっちゃうかもしれませんね。

好き勝手にやれないのはメリットでもありますが、デメリットでもあります。
例えばどこかの営業さんがやってきて、スーパー自動ケーキ作製機をオススメしたとします。
「これがあればボタン一つでケーキがすぐに出てきますよ」と営業さんが熱弁します。
支店長のピヨ子さんはかなり心惹かれました。

でも駄目です。

すべて本社で管理しているので、支店が勝手に導入することはできません。
ピヨ子さんはちょっと涙目ですが、仕方ありませんね。
これもまぁ、デメリットと言えばデメリットです。

他にもあるでしょうが、これがシンクライアントの主なデメリットです。

実際のシンクライアントは……例えばそうですね。
クライアント側のコンピュータではサーバの画面をリモートで表示するだけで、実際の作業はすべてサーバ上で行うとかですね。
データやそのデータを扱うプログラムはサーバにあって、サーバにあるプログラムを呼び出すプログラムだけがクライアント側にあるとかですね。
サーバがメインで、クライアントは文字通り「サーバを使うための端末」になっています。
サーバを使えれば良いので、クライアントにはハードディスクが無い場合もありますよ。
ハードディスクに入れておかなくちゃいけないようなものはすべてサーバに置きますからね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シンクライアント」って単語が出てきたら「メインの仕事はサーバがするから、クライアントはほとんど何もしなくていーよ、なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク