[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アクセス制御リスト (ACL)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータさんが使うカンペだよ

pointアクセス権に関する情報が書いてあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アクセス制御リスト (ACL)とは

ファイルやフォルダ、ネットワークなどに対する「これを誰々さんは何々して良いですよ」な一覧のこと。
要するに

アクセス権をまとめて書いてある一覧のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Access Control List(アクセス・コントロール・リスト)」を略して「ACL」と呼ばれたりもします。
アクセス権に関する情報が保管されているのが「アクセス制御リスト(ACL)」です。
「アクセス権」はファイルフォルダなどに対する「触っていーよ権限」ね。

アクセス制御リスト

ファイルやフォルダには、それぞれ「これは誰が所有しているファイルですよー」や「このファイルを編集して良いのは誰と誰ですよー」といった決まりごとがあります。
コンピュータさんは意外とおっちょこちょいなので、これを全部覚えておくのは無理なのですね。
人間様の気分で「あっ、やっぱりピヨ子ちゃんにも編集させてあげよう」「あっ、ピヨ太はこれ触っちゃダメだわ」のように、ちょいちょい変更も入るので、かったるくて覚える気にもなりません。
そこでこっそりカンペを作って置いてあるのです。

このカンペが「アクセス制御リスト」です。

コンピュータさんは、人間様が「おーい、ちょっとこのファイルを使うね~」と言ってきたときに、このアクセス制御リストを見て「はーい、どうぞー」や「おまえは触んな!」という判断をします。

アクセス制御リストは、ファイルやフォルダ、ネットワークなどの、アクセス権を管理するシーンでちょいちょい登場しますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アクセス制御リスト」って単語が出てきたら「アクセス権に関する情報が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク