[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.smf【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointMIDI形式のファイルにたまに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.smf【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

MIDI形式のファイルにたまに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「MIDI」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

MIDIは「電子機器で演奏するためのデータを扱うときの規格」です。

「電子機器で演奏するためのデータ」なんて、回りくどい言い方ですね。
普通に「音楽データ」や「音声データ」ではダメなのでしょうか。

実はダメなのです。

MIDI形式のファイルには「音」が入っていません。
入っているのは「演奏情報」です。

WAVEMP3のような音声データに入っているのは実際の音です。
楽器がプップクプーと鳴らした音が収められていると思ってください。

一方、MIDIに入っているのは「演奏するための情報」です。
プップクプーな音では、ありません。
演奏するための「楽譜」が収めらているイメージです。

以上がMIDIの説明です。
次に行きましょう。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.smf

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.smf2

以上を踏まえて、MIDI形式のファイルに、たまに付いている拡張子が「.smf」です。

.smf3

「smf」の読み方については「エスエムエフ」と読む人が多いと思います。
単純にアルファベット読みですね。

実は、拡張子が「.smf」のファイルは、拡張子が「.mid」のファイルと同じ種類のファイルです。
違うのは拡張子だけです。

「MIDI」という規格では結構いろいろなことが規定されていてですね。
その中のひとつ、ファイルを保存する形式として「スタンダードMIDIファイル(SMF)」というのが規定されています。
ざっくばらんに言えば

MIDIっていう規格の中で、ファイル形式についても規定しているよ。それはSMFってやつだよ

です。
そのため、ファイルの話であれば、MIDIとSMFは、ほぼ同じ意味で使われています。

歴史的な経緯は分かりませんが、おそらく「SMF」から連想して拡張子「.smf」が、「MIDI」から連想して拡張子「.mid」が生まれたのでしょう。
「.smf」と「.mid」は、拡張子は違いますが中身は同じです。

一般的には「.mid」の方を使うみたいですけどね。
私自身、拡張子が「.smf」のMIDIファイルは、ほとんど見たことがなかったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.smf」って拡張子が付いていたら「MIDI形式のファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク