[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WAVE

pointこの用語のポイント

point規格だよ

point音声データだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WAVEとは

音声データを扱うときの規格のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

音声ファイルの形式には、MP3.mp3)やWMA.wma)、RealAudio.ra)など、いくつかの種類があります。

WAVE

その中のひとつで、音楽などの音声データをよっこらしょっと扱うための規格が「WAVE」です。
本来の読み方は「ウェブ(ウェーブ)」ですが「Web」と紛らわしいので「ワブ」と呼ぶ場合も多いです。

WAVE2

WAVE形式の良いところは、やはり音質ですかね。
基本的には圧縮とかしない音源そのままです。
音質の劣化があまりありません。

WAVEとよく対比される形式に「MP3」がありますが、こちらは、無くてもあまり困らなそうな部分を少しずつ削って、キュっと圧縮します。
その分、WAVEに比べてファイルサイズは小さくなりますが、音質という点ではやはりWAVEに軍配が上がるでしょう。

ファイルサイズを気にしないで音にこだわりたい場合は、WAVE形式で保存してください。
音質をそこまで気にしない人は、MP3の方が便利だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WAVE」って単語が出てきたら「音声データなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク