[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MIDI

pointこの用語のポイント

point規格だよ

point電子演奏用のデータだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MIDIとは

コンピュータ上で音楽を作るときによく使うファイル形式のひとつ。
実際には

電子機器で演奏するためのデータを扱うときの規格のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

電子機器で演奏するためのデータ用の規格が「MIDI」です。
Musical Instrument Digital Interface(ミュージカル・インストルメント・デジタル・インターフェイス)」の略称で「MIDI」だそうな。

MIDI

「電子機器で演奏するためのデータ」なんて、回りくどい言い方ですね。
普通に「音楽データ」や「音声データ」では駄目なのでしょうか。

実は駄目なのです。

MIDI形式のファイルには「音」が入っていません。
入っているのは「演奏情報」なのです。

WAVEMP3のような音声データに入っているのは実際の音です。
楽器がプップクプーと鳴らした音が収められているとお考えください。
一方でMIDIに入っているのは演奏するための情報であって音ではありません。
演奏するための楽譜が収めらているとお考えください。

例えばMP3の再生機器は、MP3ファイルに入っている音を流します。入っている音を流すので音色は基本的に同じです。
一方でMIDIの再生機器は、MIDIファイルに入っている情報を元に、音を作り出して流します。同じファイルでも再生機器によっては違う音色になる場合があります。
同じ「ド」の音でも、クラリネットとトロンボーンでは同じ音にならないのと同じです。

聞く分には「あっ、音楽だ~」と同じように感じますが、中身は全然違うものなのです。
そのためMIDIを「音声データ」ではなく「演奏するためのデータ」と表現しています。

ちなみに、このページで説明しているMIDIの内容は、どちらかと言うと「スタンダードMIDIファイル(SMF)」寄りの説明です。
実際のMIDIの規格はファイル形式以外にもいろいろなことが規定されています。

ただまぁ、日常会話で「MIDI」と出てきた場合はファイル形式を指す場合がほとんどですしね。
あんまり突っ込んで書くと私が分からなくなるので、取りあえず今回はここで説明を止めておきます。
MIDIの全貌が知りたい方は、もっと専門的なことが書いてある他の場所で情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MIDI」って単語が出てきたら「電子演奏用のデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク