[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

example.com

pointこの用語のポイント

pointURLだよ

point例示用だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

example.comとは

「これは例ですよ.com」のこと。
もう少し真面目に書くと

「URLやメールアドレスを例示するときには、このドメイン名を使っていいですよ」な、勝手に記載しても誰にも迷惑のかからないドメイン名
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「URLメールアドレスの例示用として用意されているドメイン名(の1つ)」が「example.com」です。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」ね。

example.com

パソコンさんは、IPアドレスを使って、やり取りします。

example.com2

ところがどっこい、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

example.com3

そこで、IPアドレスに対して、人間様が分かりやすい名前を付けることにしました。

例えば、IPアドレス「198.51.100.1」に対して「i-3-i.info」という名前を付けます。
「198.51.100.1」よりも「i-3-i.info」の方が、人間様には分かりやすいでしょう。

コンピュータさんは、IPアドレス「198.51.100.1」を使って、やり取りします。
人間様は、IPアドレスに付けた名前「i-3-i.info」を使って、管理します。

example.com4

これできっと、うっかりミスも減るでしょう。

この話における、IPアドレスに付けた名前「i-3-i.info」がドメイン名です。
IPアドレスに付けた人間様向けの名前です。

よく分からない人は、URLのことだと思っても構いません。
例えば、URL

http://i-3-i.info/index.html

があったとします。
このURLの

i-3-i.info

の部分がドメイン名です。

ドメイン名については、何となく分かったでしょうか?
それを踏まえて、読み進めてください。

例えば、画面の使い方資料のようなものを作っていると、URLを例示したい場面に遭遇します。

ここにURL(例:http://wa3.i-3-i.info)を記載してください

のように書きたい場面ですね。

その際のURLには、何を書きましょう?
意外と悩みませんか?

私のように自分でドメイン名を持っている人は、問題ありません。
自分の持っているドメイン名を書けば、それで済みます。

自分でドメインを持っていない人はどうしましょうね。
なんか適当な文字を組み合わせて、適当なURLを書いておきましょうか。

それは避けた方が無難です。

ドメイン名(URL)というのは、基本的に、好きな文字の組み合わせです。
使って良い文字の組み合わせであれば「hogehoge」でも「bohebohe」でも何でも許されます。

あなたが思いつきで適当に作ったURLは、もしかしたら、実際に使っている人がいるかもしれません。
仮に、今の時点で誰も使っていなかったとしても、将来的に使う人が現れる可能性はあります。

他人のドメイン名を使うと、そのドメイン名の持ち主に迷惑がかかるかもしれません。
あるいは逆に、あなたが怒られるかもしれません。

自分の持っていないドメイン名(URL)を書くのは、避けた方が無難です。

それでは、どうしましょうね。
「え~、自分のドメイン名なんて持ってないよ~。でも、URLを例示したいんだよ~」なことは、あるでしょう。

そんな困った事態を回避するために用意されているドメイン名が「example.com」です。
「example.com」は「例示したいときに使って良いよ」なドメイン名です。
誰でも好きに使えます。

example.com5

先の例で言えば

ここにURL(例:http://example.com)を記載してください

と書くことで、誰にも迷惑がかからない状態でURLを例示できます。

「example.com」は、全世界の人が使って良い例示用のドメイン名として、あらかじめ確保されているドメイン名です。
URL「http://example.com」やメールアドレス「info@example.com」は、どこに書いても誰にも迷惑がかかりません。

ですから、操作説明の資料や設定方法の説明資料では、よく登場します。

ここにメールアドレス(hoge@example.com)を記入します

とか書いてあった場合は

ここにメールアドレス(【実際にはあなたのメールアドレス。書式は「hoge@example.com」みたいになってると思うよ】)を記入します

の意味になります。
「hoge@example.com」を、そのまま書いちゃ駄目ですよ。

繰り返しになりますが「example.com」は、あくまで例示用のドメイン名です。
実際に個人が使用することはできません。
ご注意ください。

例えば「example.com」からメール受信しようとしても、エラーになります。
連絡先を交換した相手が「example.com」のメールアドレスを使用していることも、あり得ません。
ナンパした女の子に「私のメールアドレスは『pretty@example.com』だから~。連絡よろしく~♪」と言われたら「あぁ、振られたんだな」と、お考えください。

ちなみに「example.com」の仲間に「example.net」と「example.org」があります。
「.com」「.net」「.org」の違いはあれど、役割は同じです。
すべて、例示用のドメイン名です。

どれを使って例示するかは好みですが、経験則的には「example.com」を使うことが多いように感じます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「example.com」って単語が出てきたら「例示用のドメイン名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク