[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.bat【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointバッチファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.bat【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

バッチファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

コマンドプロンプト
バッチファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」です。
この画面上で「コマンド」と呼ばれる命令文を入力すると、直接パソコンさんと意思疎通できます。

.bat

バッチファイルは「コマンドプロンプトで使える命令文を、あれやこれやと記述したファイル」です。
Windosさんに対する指示を書いた、おつかいメモみたいなものですね。

.bat2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.bat3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.bat4

以上を踏まえて、バッチファイルに、よく付いている拡張子が「.bat」です。

.bat5

「bat」の読み方については「バッチ」と読む人が多いと思います……が「バット」や「ビーエーティー」と読む人にも会ったことがあります。
そこら辺は柔軟に考えてください。
由来は、そのまんま「batch(バッチ)」の「bat」ですね。

拡張子が「.bat」のファイルを「べちべちっ!」っとダブルクリックすると、一瞬だけ黒い画面が見えると思います。
これは「.bat」ファイルが普通、黒い画面(コマンドプロンプト)と関連付けられているからです。
「.bat」ファイルをダブルクリックすると、その「.bat」ファイルの中に書かれている命令が黒い画面上で実行されます。

.bat6

処理の途中に「ちょっと止まって待っててよ」の指示があれば黒い画面が出た状態で止まりますが、その指示がない場合は、黒い画面が動き出す→命令を実行する→黒い画面が終了する、まで一気に駆け抜けます。
そのため、みなさんの目には黒い画面が一瞬出てきたようにしか見えないのです。
パパっとお仕事して、さっさと帰っちゃうイメージですね。

ちなみに「.bat」ファイルの中身は、ただのテキストデータです。
メモ帳などのテキストエディタで中身を見たり、編集したりできます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.bat」って拡張子が付いていたら「バッチファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク