[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.dat【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point何かのデータファイルによく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.dat【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

何かのデータファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.dat

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.dat2

以上を踏まえて、何かのプログラムが使うデータファイルに、よく付いている拡張子が「.dat」です。

.dat3

特に決まりがあるわけでありませんが、中身はバイナリデータになっている場合が多いと思います。
バイナリデータは「人間様が見ても、よく分からないデータ」です。
コンピュータさんは「あぁ、なるほどね」と理解できます。
人間様は「ぐちゃぐちゃしていて、よく分からん」となります。
そんなデータです。

.dat4

「dat」の読み方については「ダット」と読む人が多いと思います。
data(データ)」の「dat」ですね。

拡張子が「.dat」のファイルの中身はケース・バイ・ケースです。
どのプログラムが使うデータかによって、中身を見る方法が違います。

人が直接中身を見られないようになっている場合も少なくありません。
見られない場合は素直に諦めてください。

どのプログラムが使うデータか分からない場合も諦めるしかありませんが、その「.dat」ファイルがどのフォルダに入っているかを見ることで、ある程度は推測できると思います。

ちなみに、人の目で見るデータファイルに拡張子「.dat」を付ける機会は多くありません。
理由は、中身を見るときに面倒くさいからです。

おそらく初期状態では、拡張子が「.dat」のファイルは、プログラムとの関連付けが行われていないはずです。
開くときに、どのプログラムで開くかを自分で選ぶ必要があります。
これは、ちょっとだけ面倒です。

そのため、人の目で見るデータファイルを作成するときは拡張子を「.txt」や「.csv」などにしておくことが多いでしょう。
拡張子「.dat」が出てきたら「あぁ、プログラムさんが使うファイルね」と思っても良いかもしれません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.dat」って拡張子が付いていたら「データファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク