[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.dat【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point何かのデータファイルによく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.dat【拡張子】とは

何かのデータファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

特に決まりがあるわけではないのですが、プログラムが使うデータファイルによく付いている拡張子が「.dat」です。
人の目で直接見るデータファイルにはあまり付けない拡張子なので、中身はバイナリデータになっている場合が多いです。

.dat

「dat」の読み方については「ダット」と読む人が多いと思います。
そのまんま「data(データ)」の「dat」ですね。

拡張子「.dat」のファイルは、どのプログラムが使うデータかによって中身を見る方法が違います。
人が直接中身を見られないようになっている場合も多いので、見られない場合は素直に諦めてください。
どのプログラムが使うデータか分からない場合も諦めるしかないですが、その「.dat」ファイルがどのフォルダに入っているかを見ることで、ある程度は推測できると思います。

ちなみに、人の目で見るデータファイルに拡張子「.dat」を付ける機会はあまり多くありません。
理由は、中身を見るときに面倒くさいからです。

多くの場合、拡張子「.dat」のファイルは、プログラムとの関連付けが行われていません。
開くときに、自分でどのプログラムで開くかを選ばなくてはいけないのです。
これはちょっとだけ面倒です。

そのため、人の目で見るデータファイルを作成するときは拡張子「.txt」や「.csv」などにしておくことが多いです。
拡張子「.dat」が出てきたら「あぁ、プログラムさんが使うファイルね」と思っても良いかもしれませんね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.dat」って拡張子が付いていたら「データファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク