[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

page-topic【metaタグ】

pointこの用語のポイント

pointホームページに関する説明書きだよ

pointHTMLファイルのヘッダ部に記述するよ

point「このページの大事なところはここです」な情報を書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

page-topic【metaタグ】とは

HTMLファイルに記述する「このページの大事なところはここです」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として「HTMLファイル」は「ホームページ(の中の1ページ)」ね。
metaタグ」は「ホームページに記述する、人の目には見えないそのページに関する説明書き」です。

page-topic

このmetaタグにはいろいろ種類があるのですが、その中で「このページのポイントはここですよ」な情報を書くmetaタグが「page-topic」です。

page-topic

実際のpage-topicは

<meta name="page-topic" content="piyopiyo">

のように書きます。

ただ、この「page-topic」っていうmetaタグ、どマイナーっぽいのですよね。
「そもそもこんなmetaタグって存在するの?もしかして、どっかの誰かが勝手に定義しただけじゃね?」と不安を覚えるくらいです。

えっ?根拠ですか?

それは……検索しても日本語の情報がほとんど出てこなかったから。
検索キーワード「page-topic meta」で検索したら、びっくりするくらいアルファベットな情報しか出てきませんでした。

しかもですよ。

このmetaタグの中に書く中身も、人それぞれでした。
ページの要約を書くと言う人もいれば「classification」と同じようにカテゴリを書くと言う人もいました。
そもそも「topic」って日本語訳したら「話題」じゃないですか。
だったらページの主題となる事柄をざっくり書けば良い気もします。

そんな経緯で、ページのポイントとなる何かが書いてあるんだろうなーと理解しました。

恐らくこのmetaタグと出会う機会は多くありませんし、自分でホームページを作るときもわざわざ書く必要は無いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「page-topic」って単語が出てきたら「ページのポイントとなる内容が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク