[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

author【metaタグ】

pointこの用語のポイント

pointホームページに関する説明書きだよ

pointHTMLファイルのヘッダ部に記述するよ

point「このページは誰々さんが作りました」な情報を書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

author【metaタグ】とは

metaタグのひとつ
であり

ホームページのファイル(HTMLファイル)に書く「このページは誰々さんが作りました」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「HTMLファイル」と「metaタグ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

HTMLファイルは、ざっくり説明すると「ホームページファイル」です。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

author

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

author2

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

author3

この流れにおいて受け渡しされるファイルがHTMLファイルです。

author4

metaタグは「人の目には見えない、ホームページに関する説明書き(を書くときに使う目印)」です。

HTMLファイルの中身は

1.ヘッダ部
2.ボディ部


の2つで構成されています。

author5

ヘッダ部に書かれているのは、そのHTMLファイルの説明書きです。
例えば「どんな種類の文字で書かれていますよ~」や「このファイルのタイトルは○○ですよ~」といった内容が書かれています。

author6

ボディ部に書かれているのは、そのHTMLファイルの中身です。
ここに書かれている内容がHTMLファイルの本体と言えるでしょう。
みなさんがホームページを見たときに表示される内容が書かれています。

author7

metaタグは、HTMLファイルのヘッダ部に

<meta name="hoge" content="ほげほげ">

のような形式で書く「そのページの説明書き」です。

author8

あるいは、その説明書きを書くときに使う目印「<meta ~ >」が「metaタグ」です。

author9

metaタグに書かれている内容は、人間様には見えません。
Webブラウザさんや、ホームページの情報を収集して回っているプログラム検索エンジン)に向けて書かれる情報です。

author10

metaタグには、いろいろな種類があります。
また、日々増えています。

以上を踏まえて、いろいろあるmataタグのひとつで「このページを書いたのは誰々さんです」な情報を書くmetaタグが「author」です。

author11

実際のauthorは、例えば

<meta name="author" content="Makoto Sasaki">

のように書きます。
この例では「このページはササキマコトさんが書きましたよ!」と熱く主張しています。

「author」を書いておいて、実際に何らかの効果があるかは微妙なところですが、手間を感じない人は書いておいても良いのではないでしょうか。
将来的に検索エンジンさんがもっと賢くなったら、このmetaタグを見て検索結果に名前を表示してくれたりするかもしれません。
もちろん、しないかもしれません。

ちなみに2014年1月時点では「author」を書いておいても、SEO的にはなーんの効果も無いと言われています。
SEO目的であれば、わざわざ書く必要は無いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「author」って単語が出てきたら「そのページの作者名が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク