[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

robots【metaタグ】

pointこの用語のポイント

pointホームページに関する説明書きだよ

pointHTMLファイルのヘッダ部に記述するよ

point「検索エンジンさん、このページはこーゆー風に扱ってください」な情報を書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

robots【metaタグ】とは

HTMLファイルに記述する「検索エンジンさん、このページはこーゆー風に扱ってください」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として「HTMLファイル」は「ホームページ(の中の1ページ)」ね。
metaタグ」は「ホームページに記述する、人の目には見えないそのページに関する説明書き」です。

robots

このmetaタグにはいろいろ種類があるのですが、その中で検索エンジンさんのクローラ(ロボット)に対するお願い事を書くmetaタグが「robots」です。

robots

実際のrobotsは、例えば

<meta name="robots" content="noindex">

のように書きます。
「noindex」は「このページで見たことは綺麗さっぱり忘れやがれ」の指定です。
このように書いておくと、検索エンジンさんが良い人だった場合、検索結果にそのページが表示されません。

検索エンジンさんに対する指定は他にもいろいろあります。
例えば

指定説明
noindexこのページで見たことは綺麗さっぱり忘れやがれ(検索結果に出すな)
nofollowこのページに付いているリンク先を見に行くな(リンク先を検索結果に出すな)
indexこのページで見たことはきちんと覚えておけ(検索結果に出せ)
followリンク先を見に行け(リンク先を検索結果に出せ)
none「noindex」+「nofollow」つまり、このページもリンク先も見に行くな(このページもリンク先も検索結果に出すな)
noarchiveキャッシュすんな
noodpDMOZとかいうところから引用するな。ごめんなさい、よく分かりません

とかですね。

これらの指定は、拒否を指定しなければ許可扱いになります。
ですから実質的に「index」と「follow」の2つは記述する必要がありません。
「noindex」「nofollow」「none」を書かなければ「index」「follow」を書いたのと同じ扱いになります。

また、これらの指定は

<meta name="robots" content="nofollow,noindex">

のようにカンマで区切って複数並べることも可能です。

まとめますと、検索エンジンさんに対するお願い事を記述するmetaタグが「robots」です。

ん?「お願い事」?

そうです。「お願い事」です。
このmetaタグはあくまで検索エンジンさんに「お願い」しているのです。
ですから、必ずしも記述した通りになるとは限りません。

例えば私が、検索エンジン「ブラックピヨピヨサーチ」を作ったとします。
このブラックピヨピヨサーチには「robots」を見る機能が付いていませんでした。
そうしたら当然「robots」の記述に関係無くホームページを徘徊しますよね?

Googleなどの大手の検索エンジンさんは「robots」の記述もちゃんと見てくれています。
ただ個人が作っているような小規模な検索エンジンでは、平気でシカトしたりしますよ。

robotsに書いたからと言って、あまり過信しないようにご注意ください。
例えばまだ一般公開したくないページなどがある場合は、きちんと認証をかけておいた方が良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「robots」って単語が出てきたら「検索エンジンさんに対するお願い事が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク