[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

content-type【metaタグ】

pointこの用語のポイント

pointホームページに関する説明書きだよ

pointHTMLファイルのヘッダ部に記述するよ

point「このページはどんな種類のファイルです」な情報を書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

content-type【metaタグ】とは

metaタグのひとつ
であり

ホームページのファイル(HTMLファイル)に書く「このページは、どんな種類のファイルです」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「HTMLファイル」と「metaタグ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

HTMLファイルは、ざっくり説明すると「ホームページファイル」です。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

content-type

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

content-type2

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

content-type3

この流れにおいて受け渡しされるファイルがHTMLファイルです。

content-type4

metaタグは「人の目には見えない、ホームページに関する説明書き(を書くときに使う目印)」です。

HTMLファイルの中身は

1.ヘッダ部
2.ボディ部


の2つで構成されています。

content-type5

ヘッダ部に書かれているのは、そのHTMLファイルの説明書きです。
例えば「どんな種類の文字で書かれていますよ~」や「このファイルのタイトルは○○ですよ~」といった内容が書かれています。

content-type6

ボディ部に書かれているのは、そのHTMLファイルの中身です。
ここに書かれている内容がHTMLファイルの本体と言えるでしょう。
みなさんがホームページを見たときに表示される内容が書かれています。

content-type7

metaタグは、HTMLファイルのヘッダ部に

<meta name="hoge" content="ほげほげ">

のような形式で書く「そのページの説明書き」です。

content-type8

あるいは、その説明書きを書くときに使う目印「<meta ~ >」が「metaタグ」です。

content-type9

metaタグに書かれている内容は、人間様には見えません。
Webブラウザさんや、ホームページの情報を収集して回っているプログラム検索エンジン)に向けて書かれる情報です。

content-type10

metaタグには、いろいろな種類があります。
また、日々増えています。

以上を踏まえて、いろいろあるmataタグのひとつで「このページは、どんな種類のファイルですよ」を書くmetaタグが「content-type」です。

content-type11

「ん?ファイルの種類って、HTMLファイルじゃないの?」と思った方は鋭いですね。
おっしゃる通りです。

実際のcontent-typeは

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">

や、それを省略して

<meta charset="utf-8">

と書くのが決まり文句になっています。
「charset="utf-8"」の部分は「charset="shift_jis"」になったり「charset="euc-jp"」になったりしますけどね。
構文自体は同じです。

この中で大事なのは「text/html」の部分です。
そのまんま「html」って書いてありますね。
「text/html」が「これはHTMLファイルだからね~!」の指示になります。

このようにファイルの種類を記述するmetaタグが「content-type」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「content-type」って単語が出てきたら「ファイルの種類が書いてあるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク