[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メタタグ (metaタグ)

pointこの用語のポイント

pointホームページに関する説明書きだよ

pointHTMLファイルのヘッダ部に記述するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メタタグ (metaタグ)とは

ホームページに記述する「人の目には見えないそのページに関する説明書き」のこと。
もう少し具体的に書くと

HTMLファイルのヘッダ部に記述する、そのページに関する補足情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ホームページHTMLファイル)の中に記述する、そのページに関する説明書きが「metaタグ」です。

ただし、その説明書きは人間様には見えません。
ホームページを見るためのソフトであるWebブラウザさんや、ホームページの情報を収集してまわっている検索エンジンさんに向けて書かれる情報です。

metaタグ

「metaタグにはどんな種類があるの?」と疑問を思うかもしれませんが、ここですべては挙げられません。
たくさんありますし、日々増えています。

えっ?どうしても聞きたい?

仕方ありませんね~。

ファイルの種類を示す「content-type」、そのページの説明を記述する「description」、そのページの中で重要な語句を記述する「keywords」などが、超有名どころですね。
特に「description」と「keywords」はSEO関連の情報を読むと必ず出てきます。

他にも、そのページがどんな言語で書かれているかを示す「content-language」、検索エンジンのクローラ(ロボット)に対して指示を出す「robots」、そのページの作者を示す「author」、著作権表示用の「copyright」、どんなソフトを使ってそのページを作ったかを示す「generator」などなど、いろいろあります。

metaタグは、無理して全部書く必要はありません。
それどころか、実は一つも記述しなくてもホームページ自体は表示できます。
ただ最低限「content-type」、SEOを意識するなら「keywords」と「description」くらいは設定しておいた方が良いでしょうね。

例えば何かの資料を配布するときに、無言で手渡すよりも「これはピヨピヨカンパニーの財務諸表で~す」と説明しながら渡した方が誤解が少ないのと一緒です。
Webブラウザさんが誤解しちゃうとホームページの表示がぐちゃぐちゃになったりしますからね。
人間様には無関係ですが、それなりに記述しておいた方が良い情報です。

あとどうでも良いことではあるのですが、カタカナで「メタタグ」と書くよりアルファベットで「metaタグ」と書いた方が、賢そうに見えます。
うん、本当にどうでも良いことでしたね。ごめんなさい。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「metaタグ」って単語が出てきたら「人の目には見えない、ホームページに関する説明書きなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク