[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

システム時刻

pointこの用語のポイント

pointコンピュータさんの使っている時計を元にした時間だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

システム時刻とは

コンピュータの時計を元にした「今って何年何月何日何時何分何秒?」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「ねぇねぇ、コンピュータさん、今って何年何月何日の何時何分何秒だっけ?」と質問したときに返ってくる答えが「システム時刻」です。
コンピュータさんやシステムさん的には今を何月何日の何時だと思ってるの?を意味します。

システム時刻

「ん?システム『時刻』ってくらいだから『何年何月何日』の部分は無いのでは?」と思うかもしれませんが、あります。大丈夫です。

実はコンピュータさんの世界では、時刻を基準時間からの「経過時間」で管理しています。

例えば「2014年1月29日の00:00:00」が基準だとしましょう。
今は「2014年1月29日の16:41:10」です。
この場合コンピュータさん的には「2014年1月29日の00:00:00+60070秒(16×3600+41×60+10)」と考えています。
この「2014年1月29日の00:00:00+60070秒」がシステム時刻です。

例え日付が変わって「2014年1月30日の10:02:03」になったとしても、コンピュータさん的には「2014年1月29日の00:00:00+122523秒(34×3600+2×60+3)」と考えます。
「2014年1月29日の00:00:00+122523秒」がシステム時刻です。

この「2014年1月29日の00:00:00+122523秒」を頑張って解読すれば、今日が何月何日かも分かりますよね?
ですから「システム時刻」と言った場合、一般的には日付も含むのです。

お仕事現場の文化によっては、たま~~~~~~に時間部分だけを指して「システム時刻」と表現する場合もありますけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「システム時刻」って単語が出てきたら「コンピュータさん的には今って何年何月何日何時何分何秒よ?のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク