[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スネークケース (snake case)

pointこの用語のポイント

point変数名とかの表記方法だよ

point単語間をアンダースコアでつなげるよ

point「first_disp_time」みたいな書き方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スネークケース (snake case)とは

単語間をアンダースコアでつなげる表記方法のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

変数名の付け方の話で、よく出てきます。

例えば

hoge_data

のように、単語間をアンダースコアでつなげる表記法が「スネークケース」です。
見た目が蛇(snake)っぽいのが由来らしいですが、個人的には「本当に蛇っぽく見える?」と思っています。

変数には分かりやすい名前を付けるのが基本です。
ちなみに変数は「プログラミング言語における値を入れておく箱」ね。

スネークケース

自分しか見ない趣味のプログラムであれば、変数名は「a」とか「b」でも良いでしょう。
自分の好みに合わせて、好きなように付けてください。

ですが、お仕事で作るプログラムでは話が別です。
他の人も中身を見る場合には「tel」や「address」のような、名前を見れば中身を推測できる変数名を付けるべきです。

これは前提として考えてください。
「いやいや、変数名なんて何でもいいっしょ!」という意見をお持ちの人もいるかもしれませんが……うっせ!へぼプログラマ呼ばわりされたくなかったら黙って従え!(#゚д゚)

おっと、思わず本音が漏れてしまいました。
とにかく、お仕事で作るプログラムであれば特に、変数名は分かりやすい名前を付けるのが基本です。

さて、それでは分かりやすい名前を付けていきましょう。
「電話番号」を入れる変数の名前は「tel」で良いですよね。
「住所」を入れる変数は「address」にしましょう。
「郵便番号」は「zip code」ですね。

はい、ここで問題が発生しました。

一般的なプログラミング言語の場合、変数名に半角スペースは使えません。
「zip code」という名前は付けられないのです。

仕方がありませんね。
半角スペースを取って「zipcode」にしましょうか。

これはこれで、まぁ、良しとしましょうか。
それでは次にいきましょう。

「最初に表示した時刻」を入れる変数の名前です。
「first disp time」で、半角スペースを取って「firstdisptime」にしましょうか?

これは、ちょっとイマイチです。
パッと見で意味が掴めません。

そこで、先人たちは知恵を絞って、単語の区切りを表現しました。
その、単語の区切りを表現するやり方の一つが、スネークケースです。
スネークケースでは、アンダースコアでつなぐことで、単語の区切りを表現します。

例えば「zipcode」は

zip_code

です。
「firstdisptime」は

first_disp_time

になります。

いかがでしょう?
全部の文字を小文字でつなげて書いたときより、見やすいですよね?

これでスネークケースの説明は終わりですが、せっかくなので「キャメルケース」の説明もしておきます。

キャメルケースは「単語の先頭を大文字にしてつなげる表記方法」です。

例えば「zipcode」は

zipCode

と書きます。
「firstdisptime」は

firstDispTime

になります。

こちらも、小文字をただつなげて書くよりも見やすいですよね?

スネークケースとキャメルケースは、セットで覚えてあげてください。
単語間をアンダースコアでつなぐのがスネークケースで、単語の先頭を大文字にするのがキャメルケースです。

スネークケース2

ちなみに、どちらの表記法がオススメかというと、どちらでも良いです。
個人的には、文字数が少ないという理由でキャメルケースの方が好きですけどね。
プログラミング言語や仕事現場の文化みたいなものもあります。
可能であれば、他の人に合わせておくのが無難だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スネークケース」って単語が出てきたら「単語間をアンダースコアでつなげる表記法なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク