[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/etc/csh.cshrc

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

pointcsh、tcsh起動時に読み込まれる環境設定ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/etc/csh.cshrcとは

csh、tcsh起動時に読み込まれる、環境変数とかが書かれているファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「etc」ディレクトリの中の「cshrc」ファイルで「/etc/cshrc」です。
UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使われるファイルで、csh、もしくはtcsh起動時に読み込まれる設定内容が書かれています。

/etc/cshrc

順番に見ていきましょう。

シェルは「人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム」ね。

シェルにはいくつかの種類があります。
shbashcshkshtcshzshなどです。

シェルはログイン直後から動き始めます。
ログインしたときに起動するシェルをログインシェルと言います。

そして、途中で別のシェルに変更することもできます。
例えば、ログインしたときのシェルはcshだったけど途中からbashに変える、といったことも可能です。

ここまでを踏まえて、ログイン直後にせよ、途中で変更したにせよ、とにかくcshかtcshを起動したときに読み込まれる設定ファイルが「/etc/cshrc」です。
「/etc/cshrc」の中には、環境変数やシェル起動時に動かすプログラムの指示などが書いてあります。

ちなみに、何故わざわざ「ログイン直後にせよ、途中で変更したにせよ」と書いたかというと、似たような役割のファイルで「/etc/csh.login」というファイルがあるからです。
「/etc/csh.login」の方はログイン直後にのみ読み込まれます。
途中でシェルを変更してcsh、tcshを起動した場合には、読み込まれないのです。

せっかくなので「/etc/cshrc」と「/etc/csh.login」はセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/etc/cshrc」って単語が出てきたら「csh、tcsh起動時に読み込まれる環境設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク