[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/etc/csh.login

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

pointcsh系でログインしたときに読み込まれる環境設定ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/etc/csh.loginとは

csh版「/etc/profile」ファイル。
つまり

csh系のシェルを使ってログインした際に読み込まれる、環境変数とかが書かれているファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「etc」ディレクトリの中の「csh.login」ファイルで「/etc/csh.login」です。
UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使われるファイルで、ログイン時に読み込まれる設定内容が書かれています。

/etc/csh.login

注意点として、このファイルは、ログインシェルcsh系cshtcshのいずれか)の場合のみ読み込まれます
sh系shbashkshzshのいずれか)では読み込まれないので、ご注意ください。

突然ですが「/etc/profile」というファイルを知っていますか?
知っている方は、これ以降を読む必要はありません。
csh系(csh、tcshのいずれか)で使う「/etc/profile」と同じ役割のファイルが「/etc/csh.login」です。

「/etc/profile」がよく分からない方は、以降の説明をご覧ください。

まず、シェルは「人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム」です。
コンピュータさんとあなたの仲介役をしてくれます。

ログインシェルは、その名の通り「ログインして最初に動き出すシェル」です。
シェルは常にあなたと共にあります。
シェルがいないと、あなたの意志はコンピュータに伝わりません。
シェルは途中で変更することもできますが、一番最初にあなたの相手をしてくれるシェル、あなたがログイン直後にお世話になるシェルがログインシェルです。

csh系はシェルの系統です。

シェルにはいくつかの種類があります。
sh、bash、csh、ksh、tcsh、zshなどです。

そのうちcsh、tcshを、便宜上「csh系」と呼びます。
ちなみにsh、bash、ksh、zshは「sh系」と呼びます。

ここまでの説明がよく分からなければ、取りあえず

・シェルって奴がいるよ
・シェルにはいくつか種類があるよ
・シェルはログイン直後から動いてるよ


とだけ覚えてください。

さて、ここまでが予備知識です。

それでは話を「/etc/csh.login」に戻します。

「/etc/csh.login」はログインしたときに読み込まれる設定ファイルです。
ただし、ログインシェルがcsh系(csh、tcshのいずれか)の場合のみ読み込まれます。

言い換えると「ログイン直後に動いているシェルがcsh、tcshのいずれかだったら読み込む設定ファイル」が「/etc/csh.login」です。

ポイントは

・ログイン直後に読み込むよ
・csh、tcshのいずれかだったら読み込むよ


ですね。

繰り返しになりますが、このファイルは「ログイン直後」に読み込みます。
ログインしたあとにシェルをcsh系(csh、tcshのいずれか)に変更しても「/etc/csh.login」は読み込まれません。

そして、あくまでcsh、tcshのいずれかの場合に読み込むファイルです。
ログインシェルがbashとかkshの場合も、このファイルは読み込みません。

「/etc/csh.login」は、特定の条件下において読み込まれる設定ファイルなのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/etc/csh.login」って単語が出てきたら「csh系でログインしたときに読み込まれる環境設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク