[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/etc/resolv.conf

pointこの用語のポイント

pointDNSリゾルバの設定ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/etc/resolv.confとは

DNSのリゾルバさんが使う設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「etc」ディレクトリの中の「resolv.conf」ファイルで「/etc/resolv.conf」です。
UNIX系のOSで使われるファイルで、DNSリゾルバさん用の設定が書かれています。

/etc/resolv.conf

よく分からない言葉が多いですかね?

「DNS」は「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。
IPアドレスはコンピュータさん向けネットワーク上の住所です。
ドメイン名は人間様向けネットワーク上の住所です。
このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる通訳さんがDNSだとお考えください。
「このIPアドレスに対応するドメイン名はな~に?」と訊けば「○○だよ~」と教えてくれますし「このドメイン名に対応するIPアドレスはな~に?」と訊けば「××だよ~」と教えてくれます。

実はこのDNS、そのお仕事に携わっている人は二人いるのです。
その二人とは「DNSサーバ」さんと「リゾルバ」さんです。

DNSサーバさんは「IPアドレスとドメイン名の対応を教える」のがお仕事です。
一方のリゾルバさんは「みなさんの代わりにDNSサーバさんに質問してくれる」のをお仕事にしています。

つまり、実際のDNSの仕組みは、みなさんが「あれ?このIPアドレスに対応するドメイン名なんだっけ?」とつぶやいたのを、まずはリゾルバさんが聞いてくれるのです。
その後、みなさんの代わりにリゾルバさんが、DNSサーバさんに「このIPアドレスに対応するドメイン名はな~に?」と質問します。

これがDNSの大雑把な流れです。

だいぶ前振りが長くなってしまいましたね。

今のお話に登場したリゾルバさん、こいつ用の設定ファイルが「/etc/resolv.conf」です。
中には、例えば「このDNSサーバさんに問い合わせてね~」とかそんな情報が書かれています。
「このIPアドレスに対応するドメイン名はな~に?」と訊きたくても、どのDNSサーバさんに訊けば良いか分からないとお仕事できないですからね。
リゾルバさんが自分のお仕事を全うするために必要な情報が書かれています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/etc/resolv.conf」って単語が出てきたら「DNSリゾルバの設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク