[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SQLite

pointこの用語のポイント

pointデータベースだよ

point簡易的なシステムでよく使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SQLiteとは

ちょっとしたシステムをサクっと作りたいときによく使われるデータベース
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

SQLite

それを踏まえて、テスト的なものや比較的小規模なものをサクっと作りたいときに、よく使われるデータベースが「SQLite」です。
「SQLite」は「えすきゅーらいと」と読む人が多いと思います。

SQLite2

SQLiteさんは本当は「データベースマネージメントシステム(DBMS)」、もしくは「リレーショナルデータベースマネージメントシステム(RDBMS)」と呼ばれるやつです。

……が、あまり気にする必要はありません。
歴戦のプロたちも「今回はデータベースにSQLiteを使います」とか普通に言います。
深く考えずに「SQLite=データベース」と脳内変換してください。

SQLiteさんはOracleさんやMySQLさんたちと同じカテゴリに分類されますが、ちょっとだけ性質が違います。
SQLiteさんは中身をすべて自分の今いるところのファイルに保存します。
そして、あらかじめプログラムの中に組み込まれた状態で、お仕事をするのです。

イメージとしては、そうですね。
Oracleさんたちが自社ビルをデーンと構えてお仕事をするとすれば、SQLiteさんはお客さま先の事務所の隅っこに席を借りて、そこでお仕事をするイメージでしょうかね。
場所は取らないしお手軽に扱える反面、違うところにいるお客さまとやり取りするのは大変です。

SQLiteさんは、その名の通り、良くも悪くも気軽に扱えるやつです。
ちょっと準備すれば、すぐに使えます。
その代わり、いろんなところから同時にアクセスしたり、複雑なことをしようとすると力不足です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SQLite」って単語が出てきたら「データベースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク