[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PostgreSQL

pointこの用語のポイント

pointデータベースだよ

point私はあんまり使わないけど、多分Webシステムで使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PostgreSQLとは

MySQLを嫌いな人がWebシステムでよく使うデータベース
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Webシステム」と「データベース」あとは「MySQL」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Webシステムは「インターネットを使うシステム」です。

PostgreSQL

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

PostgreSQL2

Webシステムで使われるデータベースで一番人気はMySQLです。
統計を取ったわけではありませんが、恐らく、そこまで間違ってはいないでしょう。

以上を踏まえて、Webシステムを作るときにMySQLを嫌いな人がよく選ぶのが「PostgreSQL」です。

PostgreSQL3

「PostgreSQL」は「ぽすとぐれえすきゅーえる」と読む人が多いと思います。
あるいは「postgres」と書いて「ぽすとぐれーす」ですね。
たまにその2つが混じって「PostgresSQL(ぽすとぐれーすえすきゅーえる)」と呼んだり書いたりする人もいますが、これは間違いです。
「s」が一個多いです。
呼び方で悩んだときは、さらに省略して「ぽすぐれ」と言っておけば間違いありません。

PostgreSQLさんは本当は「データベースマネージメントシステム(DBMS)」、もしくは「リレーショナルデータベースマネージメントシステム(RDBMS)」と呼ばれるやつです。

……が、あまり気にする必要はありません。
歴戦のプロたちも「今回はデータベースにPostgreSQLを使います」とか普通に言います。
深く考えずに「PostgreSQL=データベース」と脳内変換してください。

PostgreSQLはWebシステムで、よく登場します。
そしてPostgreSQL派とMySQL派に分かれて骨肉の争いを繰り広げています。
PostgreSQLとMySQLは、ぶっちゃけ、いろいろな違いがありますが大して違いはありません。
お互いに切磋琢磨しあっているので、どちらが優れているとも言いにくい……どころか、徐々に似通ってきていますし、どちらを選ぶかは好みに寄るところが大きいと思います。

私自身は事例が多いという理由でMySQLの方が好みですけどね。
別にPostgreSQLが嫌いなわけではないので、お客さまに指定されれば普通に使います。

ただ「どちらでもいいけど、どっちにしようかなー」と迷った場合は、MySQLにしておいた方が無難だと思います。
先輩とか上司、周りの人に助けを求めたり、ネット上で情報を集めるときには、MySQLの方が集まりやすいはずです。
数の正義ってやつですかね。

そんな感じです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。
そして、ごめんなさい。
PostgreSQLについての記述は、かなりの独断と偏見が混じっています。
あくまで私個人の所感です。
嘘を書いたつもりはありませんが、実際に統計を取ったわけではありません。
鵜呑みにし過ぎないようにしてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PostgreSQL」って単語が出てきたら「データベースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク