[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リレーショナルデータベース (RDB)

pointこの用語のポイント

pointデータベースだよ

pointデータを表形式で扱うよ

pointOracleとかMySQLとかのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リレーショナルデータベース (RDB)とは

OracleとかMySQLなんかの、皆さんが普段使っているデータベースのこと。
もう少しきちんと書くと

データを表形式で扱うデータベースのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

あなたが「データベース」と聞いて思い浮かべるであろうデータベースが「リレーショナルデータベース」です。
長ったらしい名前なので「relational database(リレーショナル・データベース)」を省略して「RDB」と表現することが多いでしょう。

リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベースは基本的にデータを表形式で管理します。
また、その表同士をくっつけたりもできます。

定義としては間違っていますが、SQLを使うデータベースがリレーショナルデータベースだと思ってもかまいません。
SQLはリレーショナルデータベースなデータベースさんと会話するときに使う言葉です。
SQLを使えるデータベースはリレーショナルデータベースと言えます。

有名どころではOracleMySQLSQLServerPostgreSQLなどがリレーショナルデータベースです。
みなさんが普段使っているデータベースの、ほとんどがリレーショナルデータベースだと思います。

厳密に言えば、リレーショナルデータベースはデータ管理のやり方を指す用語です。
実際のデータベース(MySQLとかOracleとか)は「リレーショナルデータベース方式のデータベース」と表現した方が正しいかもしれません。

ただ、まぁ、あまり気にする人は多くないはずです。
データベースのことだと思って、かまわないですよ。
人によって使い分けが結構あいまいなので、気にしなくても大丈夫です。

なんで、わざわざ「リレーショナルデータベース(RDB)」という用語があるかというと、リレーショナルデータベース方式以外のやり方のデータベースもあるからです。

なんで「リレーショナルデータベース(RDB)」という用語をあまり聞かないかというと、現在のデータベースは、その多くがリレーショナルデータベースだからです。
単に「データベース」と言えば、それはリレーショナルデータベースだろうと解釈されるからです。

厳密な意味が問われるのは資格試験のときくらいです。
「リレーショナルデータベース」と出てきたら頭の中で「データベース」と読み替えてもかまいません。
あまり大きな声では言えませんが、私が実際にお仕事をしていて、リレーショナルデータベースかどうかを意識する必要に迫られたことは、ほとんどなかったりします。

実は「リレーショナルデータベース(RDB)」「データベースマネージメントシステム(DBMS)」「リレーショナルデータベースマネージメントシステム(RDBMS)」の解説を、すべて「データベースです」でまとめてしまったので、一応それぞれの違いを補足しておきますね。

まず前提として、データベース(DB)は「データを入れる箱」です。
データが入ります。

リレーショナルデータベース(RDB)は「データベースの種類」です。
データベースと呼ばれるものには、いくつか種類があります。
その中のひとつとしてリレーショナルデータベースがあります。

データベースマネージメントシステム(DBMS)は「データベースを扱うための道具」です。
あなたがデータベースを使うときに、いろいろサポートしてくれます。

リレーショナルデータベースマネージメントシステム(RDBMS)は「リレーショナルデータベースを扱うための道具」です。
「データベースマネージメントシステムの種類」と言っても、よいでしょう。

図に描くと

リレーショナルデータベース2

な感じですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リレーショナルデータベース(RDB)」って単語が出てきたら「データベースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク