[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

JAR

pointこの用語のポイント

point圧縮形式だよ

pointJavaのファイルをまとめるときに使うよ

point実際の圧縮形式はzip形式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

JARとは

圧縮ファイルの作り方(ファイルの潰し方)のひとつ
であり

Javaのプログラムファイルとかを1つにまとめてキュッと潰すときに使うやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Javaは「一度書けば、どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語ね。
オブジェクト指向」という言葉を流行らせたやつです。

圧縮関連の用語も説明しておきましょう。
ずらずら~っと一気に書いていきます。

圧縮は「ファイルフォルダを1つにまとめてキュッと潰すこと」です。

JAR

圧縮ファイルは「1つにまとめてキュッと潰したよファイル」です。

JAR2

解凍は「1つにまとめてキュッと潰されたファイルを潰される前の状態に戻すこと」です。
圧縮の逆ですね。

JAR3

ファイルを圧縮したり解凍したりするソフトは「圧縮・解凍ソフト」と呼ばれています。

JAR4

圧縮ファイルの作り方(ファイルの潰し方)には、違うやり方が何種類かあります。

その、何種類かあるやり方の1つが「JAR」です。
Java Archive(ジャヴァ・アーカイブ)」の略で「JAR」です……が、別に覚える必要はありません。

JARは、Javaのプログラムファイルとかを1つにまとめてキュッと潰すときに使います。
Java専用の圧縮形式だと思ってください。

JAR5

JAR形式は、zip形式の親戚です。
圧縮自体はzip形式で行われています。

ですから、zipファイル同様、圧縮・解凍ソフトで解凍できます。
普通の圧縮ファイルと同じです。

ただし、JARには、Java専用たる特徴があります。
それは

圧縮したままで、Javaの実行環境で動かすことができる

点です。

普通は、圧縮したファイルを解凍しないと動かせません。
JAR形式で圧縮した場合は、圧縮したままで動かせるのです。

これは便利ですね。

普段は、ただの圧縮ファイルとして扱えます。
必要なファイルが1つにまとまっているので、持ち運びが楽です。
場所も取りません。

いざ動かそうと思ったときは、そのままポンと置いて、動かせます。
解凍する必要はありません。

そんな、Javaのプログラム向けに用意された圧縮形式が、JARです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「JAR」って単語が出てきたら「Javaのファイルを潰すときのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク