[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチタスク (multi tasking)

pointこの用語のポイント

point複数のお仕事を同時にやれるよ

point「シングルタスク」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチタスク (multi tasking)とは

「いろんなお仕事を並行してやれますよ!」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

マルチ」+「タスク」で「マルチタスク」です。

マルチタスク

マルチは「複数(2つ以上)」の意味ね。
タスクは「お仕事」です。

つまり「複数のお仕事を(同時に)やれますよ」が「マルチタスク」です。

例えば、電話をしながらプログラミングをやったりですね。
ご飯を食べながらマンガを読んだりですね。
器用なのです。

マルチタスク2

コンピュータの世界で言われる「マルチタスク」も基本的には同じです。
一台のコンピュータ上で複数のお仕事(処理)を同時にすることができればマルチタスクと言えるでしょう。
「えっ?それって普通じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。
今の世の中では普通ですが、昔はそうではなかったのです。
ちなみに一度に一つのお仕事しかできないのは「シングルタスク」と言います。

マルチタスクは定食屋さんでご飯を食べるイメージ、シングルタスクは屋台のたこ焼き屋さんでたこ焼きを買うイメージでしょうか。
定食屋さんでは、複数のお客さまを一度に処理します。
まとめて注文を取って、同時に料理を作り始めます。
それに対して屋台のたこ焼き屋さんは、一人ずつ注文を聞いて、お金を貰って、たこ焼きを渡しますよね?
そんなイメージです。

あっ、そうそう。
ちょっと込み入った話になるのですが、実はCPUさんは一度に一つのお仕事しかできません。
そのため、マルチタスクとは言っても、厳密には同時並行ではないのです。
お仕事させる内容を細かく切り替えることで同時に処理しているように見せています。
人間様と一緒ですよね。
人間様も一度に考えることができるのは基本的に一つだけです。
考える内容を細かく切り替えることで、複数のことを同時に考えています。それと同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチタスク」って単語が出てきたら「複数のお仕事を同時にやれるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク