[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WBS

pointこの用語のポイント

pointやるべき作業を分解して表にまとめたものだよ

pointもしくは、やるべき作業を細分化して管理するやり方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WBSとは

お仕事内容設計図のこと。
もう少し真面目に書くと

やらなくちゃいけない作業を分解して構造化し、表にまとめたもの。もしくはそうやって管理する手法のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えばそうですね。

ここにピヨ太郎フィギュアがあるとします。

WBS

「さぁ、これと同じものを作ってみなさい!」と言われても困りますよね。
一体何をどうすれば良いのよ?となります。

ですが、これが例えば

目的:ピヨ太郎フィギュアと同じ物を作る
1.分析
(1)ピヨ太郎フィギュアの実物を入手する
(2)大きさを調べる
(3)重さを調べる
(4)材料を調べる

2.設計
(1)使う材料を洗いだす
(2)頭部のデザインをする
(3)胴体部のデザインをする

3.製造
(1)頭部を作る
(2)胴体部を作る
(3)頭部と胴体部を合体させる

4.テスト
(1)安全性をテストする
(2)耐久性をテストする
(3)ピヨ太郎フィギュアっぽいかをテストする


となっていたらどうでしょう?
ただ「さぁ、これと同じものを作ってみなさい!」と言われただけのときよりは、ちょっとだけ現実的ですよね。

お仕事も同じです。

漫然と取り組むよりは、やるべき作業を洗い出し、構造化し、体系だって表現した方が一本芯が通ります。
それが成功率を上げることにつながるのです。

ということで、これらの構造化を行うこと、あるいはそれらをまとめた表を「WBS」と言います。
お仕事の成功率を上げるための工夫の一つですね。

似たようなもので「ToDoリスト」がありますが、WBSはToDoリストより体系だって書かれているイメージです。
単純にやらなくちゃいけないことを列挙するのではなく、構造化して全体を把握しやすいようにするのが一般的ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WBS」って単語が出てきたら「やるべき作業を分解して表にまとめたものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク