[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

anacron

pointこの用語のポイント

point指示した時間に指定したプログラムを動かしてくれるよ

pointUNIX系のOSで動いているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

anacronとは

事前に「いついつになったらこのプログラムを動かしてね」と指示を出しておくと、その時間になったときに指定しておいたプログラムを動かしてくれる奴
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系のOSに住んでいるプログラムで、事前に「いついつになったらこのプログラムを動かしてね」と指示しておくと、その通りにやってくれる奴が「anacron」です。

指示したことしかやりませんが、指示したことは律儀に頑張ってくれます。

anacron

ここまで読んで「おまえ、『cron』の解説をコピペしてるだろ!」と思った方は、さすがですね。
バレちゃいましたか。

名前から分かる通り、anacronさんはcronさんの親戚なのです。
anacronさんとcronさんの大きな違いは

・anacronさんはお仕事をする周期を1日単位でしか指定できない。cronさんは分単位で指定できる。
・anacronさんはお仕事をする時間にコンピュータの電源が切れていたら、次に電源が入ったときに、その間のお仕事をもう一回させることができる。cronさんはお仕事をする時間にコンピュータの電源が切れていたら、そのお仕事をするのは諦める。

の2つでしょう。
cronさんの方がきめ細かい設定ができますが、anacronさんの方がもしものときのアフターフォローが充実しています。
anacronさんはcronさんより不器用だけど分安心感があるイメージですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「anacron」って単語が出てきたら「指示した時間に指定したプログラムを動かしてくれる奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク