[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/dev/pts

pointこの用語のポイント

pointディレクトリだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

point接続ユーザとやり取りするためのファイルが勝手に作られる場所だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/dev/ptsとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、接続している人とガッチャンコするファイルが作られるディレクトリ。
もう少し真面目に書くと

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、接続しているユーザとやり取りするための窓口となるファイルが置かれるディレクトリ
です。

image piyo

詳しく書くよ

「dev」ディレクトリの中の「pts」ディレクトリで「/dev/pts」です。

/dev/pts

UNIX系のOSで使われるディレクトリで、接続ユーザとやり取りするためのファイルが作られます……と書いても、よく分からないですよね。
実際に例を挙げて説明します。

ある日、ピヨ太くんがSSHで接続してきました。
そうすると「/dev/pts」の中に「0」という名前のファイルが自動的に作られます。
いわゆる「/dev/pts/0」と呼ばれるファイルです。
この「/dev/pts/0」はコンピュータさんがピヨ太くんとやり取りするために使われるファイルで、小難しい言い方をすると「デバイスファイル」と呼ばれます。

少し話が逸れますが「/dev/pts/0」はピヨ太くんとやり取りするためのファイルなので、ピヨ太くんが帰っちゃうと勝手になくなりますよ。
あくまでピヨ太くんが接続している間だけ存在するファイルです。

おっと、無駄話をしている間にピヨ子さんも接続してきました。
そうすると「/dev/pts」の中に、今度は「1」という名前のファイルが自動的に作られます。

「/dev/pts/1」ですね。「0」の次なので「1」です。
この「/dev/pts/1」はピヨ子さんとやり取りするためのファイルです。

さて、ピヨ太君はピヨ子さんに愛のメッセージを送りたいとします。
どうすれば良いでしょう?

echo "I love you piyoko"

でしょうかね。
でもこれをピヨ太君が打つと、ピヨ太くんの画面に「I love you piyoko」と表示されます。
ちょっとむなしいです。

どうやればピヨ子さんにメッセージが伝わると思いますか?

答えを書くと

echo "I love you piyoko" > /dev/pts/1

とすれば熱い想いがピヨ子さんに伝わります。

もちろんピヨ太くんに権限があることが前提になりますけどね。
「/dev/pts/1」はピヨ子さんとやり取りするためのファイルなので「/dev/pts/1」宛にメッセージを送ればピヨ子さんに届けられるのです。

まとめると「/dev/pts」は「デバイスファイル」と呼ばれる、接続してきた人とやり取りするためのファイルが作られるディレクトリです。
デバイスファイルは「0」から始まり、接続している人が増えるに従って「1」「2」と増えていきます。
また接続していた人が帰っちゃうと、その人の用のデバイスファイルは無くなります。

そんな感じ(--)ノ

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/dev/pts」って単語が出てきたら「接続ユーザとやり取りするためのファイルが勝手にできるディレクトリなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク