[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/dev/urandom

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

point乱数がいっぱい入ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/dev/urandomとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、中身がぐちゃぐちゃしているファイル。
もう少し真面目に書くと

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、入力元として取ると乱数がいっぱい返ってくるファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「dev」ディレクトリの中の「urandom」ファイルで「/dev/urandom」です。
UNIX系のOSで使われるファイルで「ぐちゃぐちゃした適当な値が欲しいぜ~」なときによく使われます。

/dev/urandom

基本的な動きや使い所は「/dev/random」と同じです。
違いは乱数を作る元ネタが足りないときの動きだけ。

「/dev/random」さんも「/dev/urandom」さんも皆さんがキーボードをぺちぺち叩くタイミングとかを元ネタに乱数を作ります。

ですが、あまりキーボードを叩いていない場合もありますよね?

そんなときは乱数を作る元ネタ、ランダムな要素が足りません。

このとき「/dev/random」さんはお仕事をサボります。
「乱数ないっすー。そっちで勝手に何とかしろー」です。

それに対して「/dev/urandom」さんは適当に乱数を作って返してくれます。
「乱数ないんだけど、間に合わせで作ってみました。これで何とかなりますかね?」です。
「/dev/urandom」さんの方が親切ですね。

これが「/dev/urandom」さんと「/dev/urandom」さんの違いです。
それ以外はどちらも同じですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/dev/urandom」って単語が出てきたら「乱数がいっぱい入ってるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク