[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/dev/random

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

point乱数がいっぱい入ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/dev/randomとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、中身がぐちゃぐちゃしているファイル。
もう少し真面目に書くと

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、入力元として取ると乱数がいっぱい返ってくるファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「dev」ディレクトリの中の「random」ファイルで「/dev/random」です。
UNIX系のOSで使われるファイルで「ぐちゃぐちゃした適当な値が欲しいぜ~」なときによく使われます。

/dev/random

予備知識として「乱数」は「ランダムで適当な数字」です。
ここでいう数字はコードとしての数字なので、実際にはぐちゃぐちゃした読めない文字だったりします。

この乱数が腐るほど入っているファイルが「/dev/random」です。

例えば

more /dev/random

というコマンドを実行して「/dev/random」の中身を表示すると、ぐちゃぐちゃしたものが表示されます。
もしくは何も表示されません。

実は「/dev/random」の中身はOSさんが夜なべをしてちまちまと作っているのです。
とはいえ、適当な数字を考えるのは、いくらOSさんでも面倒くさいですからね。
みなさんがキーボードをぺちぺち叩いたりするタイミングとかを元ネタとして使います。

みなさんがキーボードをぺちぺち叩くタイミングは人によって違いますよね?
ということは、それはランダムな要素と言えます。
OSさんは、そのランダムな要素を元に乱数を作り「/dev/random」の中に保存してくれるのです。
そのため、ランダムな要素が足りないと乱数を作れません。
あまりキーボードをぺちぺち叩いたりしていないと、ランダムな要素が足りないため「/dev/random」の中身が空だったり少ししか中身がなかったりするのです。

ちなみに似たようなファイルで「/dev/urandom」というのがありますが、動きや使い所は「/dev/random」と同じです。
乱数を作る元ネタのランダム要素が足りないときの動きが違うだけです。

「/dev/random」さんはランダム要素が足りないとお仕事をさぼって乱数を作りません。
「乱数がないっすー。そっちで勝手に何とかしろー」です。

それに対して「/dev/urandom」さんはランダム要素が足りないときでも適当な乱数を作って返してくれます。
「乱数がないけど、間に合わせで作ってみました。これで何とかなりますかね?」です。
「/dev/urandom」さんの方が親切ですね。

これが「/dev/random」さんと「/dev/urandom」さんの違いです。
それ以外はどちらも同じですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/dev/random」って単語が出てきたら「乱数がいっぱい入ってるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク