[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/dev/zero

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

pointNULL文字がいっぱい入ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/dev/zeroとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、中身がぬるぬるしているファイル。
もう少し真面目に書くと

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、入力元として取るとNULL文字がいっぱい返ってくるファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

「dev」ディレクトリの中の「zero」ファイルで「/dev/zero」です。
UNIX系のOSで使われるファイルで「見られたくないモノを塗りつぶしたいぜ~」なときによく使われます。

/dev/zero

予備知識として「NULL」は「何も無いよー」な意味をあらわす単語です。
「NULL文字」は「何もないよ扱いされる文字」だとお考えください。

このNULL文字が腐るほど入っているファイルが「/dev/zero」です。

例えば

more /dev/zero

というコマンドを実行して「/dev/zero」の中身を表示すると、何も表示されないのがずーっと続きます。
哲学的ですが、何も無いのがいっぱい有るのです。

「そんなもの何に使うの?」と思うかもしれませんね。
何かを塗りつぶしたいときによく使います。

例えば、あなたが秘密の日記をつけていたとします。
この日記は誰にも見せられません。見られたら恥ずかしくて死んじゃいます。

さて、ある日あなたは旅に出ることになりました。
日記は持っていけません。旅に出ている間に、もし家族の誰かに見られたら大変です。
泣く泣く処分することにしました。

どうやって?

どうやって処分します?

ただゴミ箱に捨てるのは怖いですね。
ゴミ箱から拾われたら大変です。

燃やす?燃やしちゃう?
でも風強いよ?下手すりゃお家ごと燃えちゃうよ。

おっと、都合よく目の前に黒色のペンキがありますねぇ。

あなたはそっと秘密の日記をペンキにつけました。
これでページはすべて真っ黒です。
日記自体を見られても中身はバレないですね。
めでたしめでたし。

「/dev/zero」を使うと、これと同じことができます。

例えば

dd if=/dev/zero of=hoge.txt bs=1024 count=1

というコマンドを実行すると、中身がぜんぶNULL文字でサイズが1024Byteのファイル「hoge.txt」が出来あがります。
すでに「hoge.txt」があれば中身がぜんぶNULL文字のファイルで上書きされちゃいます。
これで「hoge.txt」の秘密は守られましたね。

このような用途で使うファイルが「/dev/zero」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/dev/zero」って単語が出てきたら「NULL文字がいっぱい入ってるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク