[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.cab【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointcab形式の圧縮ファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.cab【拡張子】とは

Windowsでよく使う、cab形式の圧縮ファイルに付く拡張子
であり

Windowsの「makecab」コマンドで圧縮した圧縮ファイルに付く拡張子
でもあります。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

圧縮は「ファイルフォルダを一つにまとめてキュッと潰すこと」ね。

.cab

圧縮ファイルは「一つにまとめてキュッと潰したよファイル」です。

.cab2

解凍は「一つにまとめてキュッと潰されたファイルを潰される前の状態に戻すこと」です。
圧縮の逆ですね。

.cab3

ファイルを圧縮したり解凍したりするソフトは「圧縮・解凍ソフト」と呼ばれています。

.cab4

cabは、圧縮ファイルの作り方(ファイルの潰し方)のひとつです。
圧縮ファイルの作り方(ファイルの潰し方)には、違うやり方が何種類かあります。
その、何種類かあるやり方の一つが「cab」です。

.cab5

makecabコマンドは、Windows系のOSでcab形式の圧縮ファイルを作成するときに使うコマンドです。

.cab6

ちなみにUNIX系のOS(LinuxとかMacとか)には「makecab」コマンドがありません。
ご注意ください。

ここまでを踏まえて「makecab」コマンドで、もしくは圧縮・解凍ソフトを使って、cab形式に圧縮したファイルによく付いている拡張子が「.cab」です。

.cab7

「.cab」の読み方については「キャブ」と読む人が多いと思います。
「キャビネット(cabinet)」の省略形で「キャブ(cab)」です。

拡張子「.cab」のファイルはWindowsの「expand」コマンド、あるいは専用の圧縮・解凍ソフトで解凍できます。

注意点として「.cab」ファイルには、いくつか種類があります。
拡張子が同じ「.cab」でも、中身の形式が違う場合があるのです。
中身の形式によっては、解凍できなかったりします。

なお、拡張子が「.cab」のファイルは、基本的にはWindowsでしか登場しません。
cab形式は、Microsoftさんが開発した圧縮形式です。
UNIX系のOSでは、あまり見かけないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.cab」って拡張子が付いていたら「圧縮ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク