[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IPv6

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスだよ

point「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」みたいな奴だよ

point今後のインターネットで使われることになるであろう形式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IPv6とは

これから使うことになりそうな「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」みたいな形式の長ったらしいIPアドレスのこと。
本当は

通信に関するお約束事「IP」のうち、今後のインターネットで使われることになるであろうバージョンのこと
ですけどね。

image piyo

詳しく書くよ

厳密には「IPアドレス」ではなくて「IP」のお話です。
IPアドレスを指す場合は「IPv6アドレス」と表現するのが正解……ですが、あまり気にしなくても大丈夫です。
「IPv6」という言葉が出てくるのは、ほぼIPアドレスに関するお話をしているときですから。

それでは「IPv6」というのが何かですが、難しく考える必要はありません。
これから普及していくであろう新しい形式のIPアドレスが「IPv6」です。
「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」とか、そんな奴。

IPv6

それぞれのエリアは「:(コロン)」で区切られ、0の場合は省略して表現できます。
例えば「::1」とあった場合、実際には「0:0:1」を意味しますよ。

今までのIPアドレス(IPv4)では「192.168.1.1」のように、3桁ずつ4つに区切って表現されていました。
使えるIPアドレスは「0.0.0.0」から「255.255.255.255」までしかありません。
どんなに頑張ってもIPアドレスは256×256×256×256個で4,294,967,296個しか作れなかったのです。

ところがどっこい、現代人はインターネットが大好きです。
40億個のIPアドレスでは足りないと感じ始めました。

そこで生まれたのが「IPv6」です。
IPv6形式のIPアドレスは覚えるのがかったるくなるくらい長ったらしいです。
ですが、その分たくさんのIPアドレスを作り出せます。

インターネットを使う人はこれからまだまだ増えていくでしょう。
それに伴いIPv4形式のIPアドレスでは近い将来、数が足りなくなってしまいます。
そこで人類は徐々にIPv4からIPv6に移行していっているのです。

IPアドレスの数が足りなくて困るのが先か、IPv6への移行が完了するのが先か、いざ尋常に勝負!
と言う程大げさな話でもないですけどね。2014年1月現在、身近な問題ではあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IPv6」って単語が出てきたら「これから普及していくであろうIPアドレスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク