[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バックスラッシュ (backslash)

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「\」「\」だよ

point半角バックスラッシュを入力して円マークになるのは意志疎通の失敗が原因だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バックスラッシュ (backslash)とは

『\』や『\』のこと。
本当は

「/(スラッシュ)」を左右反転させた文字のこと
ですが、あまり気にしなくても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

「/(スラッシュ)」を左右反転させたのが「バックスラッシュ」です。
本当は

バックスラッシュ

の形をしていますが、日本語で半角のバックスラッシュを入力すると「\」になって表示されることが多いはずです。
これは日本語用のフォントを作った人と英数字用のフォントを作った人の仲が悪かったことが原因です。

ごめんなさい。適当なことを言いました。
実際のところは分かりません。
でも意思の疎通が取れていなかったのは確かです。

実は文字というのはコンピュータさんの中では数字で管理されています。
例えばですが「A」という文字には「65」番という数字が割り当たっているとしましょう。
皆さんが「A」という文字を入力すると、コンピュータさんの中では「65番が入力されたよ~」と管理されます。
そして画面に表示するときには「65番を表示するのね。えっと、65番は……『A』っていう文字にして表示するのか」と処理されるのです。

「A」を入力
 ↓
(「A」から「65」に変換)
 ↓
「65」として管理
 ↓
(「65」から「A」に変換)
 ↓
「A」として表示


の流れですね。
このような流れで文字は処理されます。

ここまでが予備知識です。
それでは話をバックスラッシュに戻しましょう。

バックスラッシュは、コンピュータさんの中では「005C」という数字で管理されます。
元々の英数字用のフォントでは「バックスラッシュは『005C』番と対応ね!」と決まっていました。
そのため

バックスラッシュを入力
 ↓
(バックスラッシュから「005C」に変換)
 ↓
「005C」として管理
 ↓
(「005C」からバックスラッシュに変換)
 ↓
バックスラッシュとして表示


となっていました。ここまでは特に問題はありませんよね。
とてもとても平和です。

ところがどっこい、日本語フォントを作った人が「005C」に「\」を割り当ててしまいました。
「005C」で管理されている奴は「\」ね、と決めてしまったのです。
おーまいがっと。

そのため日本語フォントを使っていると

バックスラッシュ(実際には「\」)を入力
 ↓
(バックスラッシュから「005C」に変換)
 ↓
「005C」として管理
 ↓
(「005C」から「\」に変換)
 ↓
「\」として表示


となってしまうのです。
なんてこったい。

これがバックスラッシュと「\」の関係をややこしくしている原因です。
同じ数字に対して、英語さんはバックスラッシュ、日本語さんは「\」を割り当ててしまったのです。
そのため、同じ文字が英語環境ではバックスラッシュ、日本語環境では「\」として表示されます。

半角のバックスラッシュを使う方法として、日本語フォント以外を使う方法などが紹介されていたりしますが、理屈は一緒です。
コンピュータの中では、あくまで「005C」として管理されていますからね。
「005C」から実際の文字に変換(して表示)するタイミングで、日本語フォントを使っていれば「\」に変換されるし、英数字用のフォントを使っていればバックスラッシュに変換されて表示されるってな原理です。
あくまで使っているフォントが見た目を変えてくれているだけなので、日本語フォントの環境で見ればやっぱりバックスラッシュではなく「\」として表示されますよ。

実際のバックスラッシュと「\」の関係はもう少しややこしいですが、頭がこんがらがると思うので、ここではこれくらいにしておきますね。
興味がある方は、他のところで調べてください。

あっ、そうそう。
全角のバックスラッシュ「\」は普通に入力できます。
「すらっしゅ」や「きごう」と打って、何回か変換してみてください。
それで出ると思いますよ。

バックスラッシュは「\」が絡むとややこしく感じますね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バックスラッシュ」って単語が出てきたら「『\』や『\』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク