[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SSH

pointこの用語のポイント

pointパワーアップしたtelnetだよ

point通信内容が暗号化されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SSHとは

パワーアップしたtelnetさんのこと。
もう少し真面目に書くと

ネットワークを経由して他のコンピュータ(主にサーバ)に接続し、遠隔操作するための仕組みです。あっ、そうそう。通信途中の情報は全部暗号化されますよ。telnetさんは暗号化されないのでこっちの方が安全ですね、な仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

telnetは「他のコンピュータを遠隔操作するための仕組み」ね。

SSH

実はこのtelnetさん、とても正直なやつです。
やり取りする情報は、パスワードだろうとなんだろうと、そのまま送ってしまいます。
暗号化しないで、そのまま送っちゃうのです。
ちなみに、暗号化していないそのまま状態は「平文」と言います。

通信内容を平文で送るということは、途中で盗み見られたら大変です。
中身がバレバレですからね。
パスワードとかの大事な情報が悪い人にバレてしまいます。

これは困りますね。

そこで生まれたのが「通信する内容を暗号化して送るぜ!」なtelnetさんです。
この「通信内容が暗号化されたtelnet」が「SSH」です。

SSH2

Secure Shell(セキュア・シェル)」の略で「SSH」ですが、別に覚える必要はありません。
みんな、普通に「SSH」と呼びます。

SSHは、やり取りする情報を暗号化して送ります。
これで悪いやつに途中で盗み見られても中身がバレませんね。
わっはっは、ざまーみろ!

そんなパワーアップしたtelnetさんがSSHです。

ここまでの説明がよく分からない人は、郵便配達のお兄さんを想像してください。

SSH3

telnetさんは、あなたから預かったお手紙をスケスケのカバンに入れて配達してくれます。

SSH4

SSHさんは、あなたから預かったお手紙を黒いカバンに入れて配達してくれます。

SSH5

あなただったら、どちらのお兄さんに郵便を配達して欲しいですか?
それがtelnetとSSHの違いであり「telnetではなくSSHを使いなさい」と、よく言われる理由です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SSH」って単語が出てきたら「通信が暗号化されるtelnetなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク