[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

解像度

pointこの用語のポイント

point画像に詰まってる点の密度だよ

pointもしくは、画素数のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

解像度とは

画像で「その中にどれくらい点が詰まっているの?」な密度のこと。
もしくは

「その画面、何個の点でできているの?」な画素数のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんの世界では画面表示や画像はすべて点描画です。
一見すると絵に見えても実際には点の集まりなのです。

心の目を開いてしっかり見ればあなたにもその点がひとつひとつ見えるはずです。
私には見えないけど。

冗談はさておき「その画像、どんだけの点が打たれてるのよ?」ってな尺度を「解像度」と呼びます。

同じ広さに10個の点を打つより100個の点を打った方が複雑な見た目が作れますよね?
ですから一般的には「解像度が高い=見た目がきれい」と考えられています。

ちなみに解像度の一般的な単位は「dpi(ドット・パー・インチ)」です。
意味は「1インチの『幅』に何個の点(ドット)が打てるの?」になります。

ただし(--)b

パソコンさんのディスプレイの「解像度」は、本来の意味での「解像度」とはちょいと意味合いが異なるのでご注意ください。

ディスプレイの「解像度」は「密度」ではなく「画素数」を表現している場合が多いです。

「1280×1024」や「SXGA」のような表現を見たことがありませんか?
「1280×1024」は「横1280個、縦1024個の点で出来ている画面」の意味です。
「SXGA」は「1280×1024」の通称になります。
「せんにひゃくはちじゅうかける~」といちいち言うのは面倒なので「えすえっくすじーえー」と表現するのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「解像度」って単語が出てきたら「1つの画面にどれくらい点が詰まっているかなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク